少し前に”けいおん!”というTVアニメが話題になったをご存知でしょうか?女子高に入学した主人公がひょんなことから軽音部に入部し、そこでギターに目覚め仲間とバンド活動を行う日常を描く、といったいわゆる学園音楽物なのですが、あまりアニメは見ない歌屋がこれにはすっかりハマってしまいました。

というのも、ウン十年前に歌屋も高校で軽音楽部に入っていて、このアニメに出てくる風景や心情が音楽を始めた頃の自分と重なるところが大なのです。

憧れて買ったギターを抱えて寝るなんてその最たるものですし、音楽準備室でお茶しながら延々と話したり、顧問探しで苦労したり、合宿、学祭、ライブ、etc...

細かいところで、軽音部と別にジャズ研がある、というのには思わず笑ってしまいました。この原作は4コマ漫画でかきふらいというペンネームの作者なのですが、作者の年齢は公開されていません。けっこうなおっさんなのではないかという説があり、歌屋もきっとそうだと踏んでいます。

でもこのアニメが当然若い人にも人気があって楽器の売上にも影響しているそうですので、音楽を始めた頃の思いというのは今も昔も変わらないということでしょうか。

皆さんも機会があればご覧になってみてください。音楽、特にバンドをやったことがある人はハマると思いますし、やってない人はバンドに夢中の彼氏・彼女や友人の気持ちが少しわかるようになるかもしれません。

歌屋ボーカルスクール
♪Singing songs changes your world.