前回の”意識を上げる”と同様に重要な発声のポイントとして”喉を開ける”があります。

よくカラオケで高音をいかにも苦しげに歌っている人を見かけますが、これは喉が詰まってしまっているのです。よい発声のためには、なるべく喉を開いて吐息をスムースに流してやることが大切です。

喉を開けるためには口を大きく開けばよいかというとそれはちょっと違っていて、口を大きく開けることを意識すると逆に喉が閉まってしまったりします。では喉を開くにはどうすればよいのでしょうか。

喉を開くためには一般的に”あくびの形”がよいとされています。合唱経験のある方は聞いたことがあるかもしれませんが、”ふあ~ぁ”とあくびの要領で口を開くと、軟口蓋(上顎の奥の方)が高く上がり口の中が広くなり、自然と喉も丸く開くイメージとなって口・喉ともに発声に適した形となります。

特にピアノで音階を使って”ドミソドソミド”といった発声練習をする際、前回の”意識上げ”と今回の”喉開け”をセットで練習してみてください。地道に練習することで、これまでの喉声が歌声に変化するのを実感できるでしょう。

歌屋ボーカルスクール
♪Singing songs changes your world.