前回ネスカフェドルチェグストの導入について書きましたが、結果バリスタが浮いてしまい、さてこれをどうしようかという悩ましい問題が出てきました。



いろいろ欠点を挙げ連ねてしまったけれど、これまで大活躍してくれたバリスタ君、特に故障したわけではなくまだまだ現役バリバリで使えるので捨てるのは忍びない。。。

誰かにあげてしまってもいいのだけれど、この手の飲食に関わるものの中古品を人に押し付けるのは何だか気が引ける、ストックした大量のインスタントコーヒーをそのまま飲み続けるのもツライ。

と考えあぐねて放置の日々。。。ところがある日ドルチェグストでコーヒーを入れていた際、”バリスタでもこれと同じように1杯ずつ淹れられるのでは”とふと思い立ちました。

バリスタには攪拌部というそこでコーヒーとお湯が混ざる小さなカップのような部品があり、普通は抽出ボタンを押すとコーヒータンクからインスタントコーヒーが出た後、水タンクから水->お湯になって撹拌部でコーヒーとなるのですが、スプーンで直接撹拌部にインスタントコーヒーを入れてボタンを押せば同じようにコーヒーになる???

もしコーヒータンクからインスタントコーヒーが出る際砕くといったような何らかの加工をしていたらOUTだなあ、と思いつつやってみたところ、これが何と全く問題なくできましたよ、いつものアロマが立ったコーヒーが。

これなら1回毎に瓶からコーヒーを入れるので湿気ることなく濃さの調整も自在、またお手入れも撹拌部を洗うだけなので普段はコーヒー出した後にもう1度ボタンを押してお湯を流すだけでOK、これは楽です。

ということでお客様にはドルチェグスト、自分はバリスタと使い分けることにしました。改めてバリスタのコーヒーを飲んでみると、少々軽めながらやはりインスタントと思えない美味しさ、バリスタ君にはまだしばらく現役で頑張ってもらうことになりそうです。最近ドリカムのCMでもまた登場してるし。

もちろん上記淹れ方は説明書にある方法と異なりますので、ネスレの保証対象外になる可能性があります。試してみられる方は自己責任でお願いします。

歌屋ボーカルスクール 
♪Singing songs changes your world.