歌屋ボーカル研究所

   歌屋ボーカルスクール(JASRAC 契約店) オフィシャルウェブサイト

カテゴリ: 歌が上手くなる方法

少し前に見つけたこの記事、上げようと思ってすっかり忘れていました。

秋津壽男“どっち?”の健康学「ノドに負担をかけることで高まるガンのリスク。喉頭ガンや咽頭ガンなどは複数発症の可能性大」

TV等でお馴染みの医師によるショッキングなタイトルの記事、しかも書き出しが”カラオケ好きの読者も多いと思います”となっているので一瞬”カラオケ行き過ぎるとガンになる?”と思ってしまいそうです。

でも内容は酒焼け+タバコ+大声を出すのがNGで、例としてスナックのママさんのあの独特な声を上げています。

そして最後はカラオケ大絶賛(笑)。ということなので、我々は安心してカラオケ行って大丈夫そうですね。もちろん無理な発声による喉の負担にはご注意を!

平成最後の一日いかがお過ごしでしょうか?

さて少し前になってしまいましたが、また”関ジャム”で興味深いトピックを取り上げていましたのでご紹介します。

プロが伝授!すぐにマネできるカラオケ上達方法!

DAMの平成カラオケランキング上位曲の中から数曲をピックアップ、どうすれば上手く歌うことができるのかを解説するというもの。

以下私の取ったメモです。観ていない人には伝わりにくいかもしれませんが、参考までにご覧ください。


-----
●奏 - スキマスイッチ
POINT:アクセントを強調して躍動感を出す
 1.た行・か行の前には「っ」を入れる
 2.ま行・な行の前には「ん(本当は小さい文字)」を入れる
 ※コツは日本語を話そうとする欧米人をイメージする
 ”私の名前はトムです” -> ”わったしのなんまえはっとむでーす”
 この歌い方の実例としては、子門真人”およげたいやきくん”や以下YouTubeのビデオ
花嫁の父が歌う「糸」


●糸 - 中島みゆき
POINT:ブレスの貯金
 1フレーズの最後まで我慢せずこまめに息を吸って歌う(母音を伸ばす場所で)。
 ”たーてのいとはあーなたー” -> "たーvてのいとはあーvなたー”
 米津玄師"Lemon"での応用:”かなーしみーさえ” -> ”かなvしみvさえ”

●雪の華 - 中島美嘉
POINT:息を混ぜて歌う、息をもらす

●カラオケBOXで歌う際のポイント
 1.マイクは”垂直”に持つ
 2.姿勢は”胸”がポイント、背筋を真っ直ぐ伸ばし胸を上げる
 3.キーは”自分に合わせ調整”する。
  男性が女性の歌を歌う場合の目安:-5
  女性が男性の歌を歌う場合の目安:+5
 4.飲み物は”ウーロン茶”を避ける、特にHOTはNG

●I Love You - 尾崎豊
POINT:語尾で引き算する。語尾を抜いて歌う。
 谷敬の”ガチョーン”のイメージ

●世界で一つだけの花 - SMAP
POINT:志村けんの発声で歌う -> 聞き取りやすい声になる
 米津玄師"Lemon"もこの発声に近い
-----


何か一つでもピンと来たものがあれば試してみるとよいでしょう。

さていよいよ新しい時代が始まろうとしています。時代が変わってもみんなが好きな歌を好きなだけ歌える世の中であって欲しいと切に願っております。また令和でお会いしましょう(^^♪

腹式呼吸については当ブログでも何度か説明していて、”横隔膜を上下して呼吸する”ことであるのは皆さんよくご存じかと思います。

でも”横隔膜ってどこにあるの?”と聞かれてすぐ答えられる方はあまりいらっしゃらないのでは。別の聞き方をすると、”臓器の中で心臓と胃はその位置を自覚しやすいが、では横隔膜との位置関係は?”

実は先日、歌とは全く関係ないある健康に関する記事を読んでいた際、そこにあったイラストに目が釘付けになってしまいました。

これは胃液の逆流に関する記事でイラストはその原因を説明するためのものなのですが、そこに横隔膜も描かれており横隔膜を食道が貫通してその下に胃があるのがよくわかる図となっているのです。

日経Gooday 30+
胃液の逆流、実はピロリ除菌も原因になるってホント?

※心臓は描かれていませんが、こちらは横隔膜の上になります。

さてここから腹式呼吸と関係してきます。腹式呼吸のやり方として”丹田(ヘソの少し下)に手を置き、押しながら息を吐き、ゆるめながら息を吸う”と習う方が多いと思いますが、これは”横隔膜は自覚できないので腹部を動かすことで間接的に操作している”訳なのです。

よって横隔膜の位置が分かればそれをイメージして直接操作することが可能です(横隔膜は随意筋、自分で動かすことのできる筋肉)。少なくとも”腹部を動かすことが腹式呼吸ではなく、腹部を動かすのは横隔膜を上下するため”、とこのイラストからイメージできればより効果的に腹式呼吸を行えるようになるのです。

歌を歌う際腹式呼吸は意外と忘れがちなもの。たまに思い出して意識的に行うようにすると声量や安定感にそれがどれだけ大切かが実感されると思います。その時は是非このイラストをイメージしてみてください。効果倍増間違いなしですよ。

少々刺激的なこのタイトル、ソースはこちら。

東洋経済オンライン
老けこむ人は「声の出し方」が間違っている
1万人以上の声を聞いてきたプロが教える


確かに声は加齢と共に変化していくもので、電話の声で相手のおおよその年齢がわかってしまうことからも明らか。

そして喉に負担をかけない正しい発声を行うことが声のアンチエイジングになる、というのがこの著者の考え。

でその正しい発声と効果というのは以下の通り。
・口角挙筋を使い口角を上げ笑顔で発声する
・これにより自然と鼻腔共鳴となり喉を痛めることなく響きある声が手に入る
・大人の声変わりとも無縁になり、さらには美顔効果もある

結局のところこの著者の新刊本のプロモーション記事だったのですが、確かに楽しく歌って美顔にもなるのであれば特に女性には魅力的ですよね。

ただこの記事には”歌”という言葉が一度も出てきておらず、当方の”歌が上手くなる”ための発声”という見地からすると意を異にするところも。

例えば以下の点。

・”口角を上げ表情豊かに発声する”のをよしとしているが、高い歌唱力で定評があった藤圭子宇多田ヒカルの母)のまるで能面と比喩される無表情での歌唱は?

圭子の夢は夜ひらく YouTube

・鼻腔共鳴のみを正しい発声としているが、それ以外例えば福山雅治の響きのある低音やX JAPAN Toshiの突き抜ける高音は正しくない?

・”口を大きく開ける発声法はNG”としているけれど、これも一概にどちらがよいと言えるものではない。

例えば以下の大ヒットソング”粉雪”を歌うレミオロメン 藤巻亮太

レミオロメン 粉雪 YouTube

サビの”こなーゆきー”の”なー”のところでこれでもかというくらいに大きく開口している。これと比較する例として小田和正がカバーした”粉雪”の動画があったのだがこれは残念ながら削除された模様。

小田さんの歌唱はいつもあまり大きく口を開けることをせず、またこの”粉雪”のサビは”こなあーゆきー”の”なあー”をしゃくりながら軽々と発声している。もちろんkeyは原曲のまま。

どちらも素晴らしく、あとは好みの問題。


といろいろ書きましたが、この”美顔ボイストレーナー”の著者の言わんとすることにいささかのケチをつけるつもりはなく、ただ歌を歌う方が”口は空けない方がよいのかな”などと誤解されることのないよう”ボーカルトレーナー”の立場から本記事を書かせていただいた次第であります。

いよいよ平成最後の年も押し詰まってまいりました。忘年会でカラオケにいく機会も多くなってきたところにこんな気になる記事が。

若者がドン引きする「おじさんのカラオケ」ランキング 「U.S.A」は4位、1位は…?

これは某雑誌の記事で、20代の男女100人に「忘年会でおじさんが歌うとドン引きするカラオケ曲」のアンケートを実施した結果が以下とのこと。

5位 米津玄師「LOSER」16%
4位 DA PUMP「U.S.A.」18%
3位 菅田将暉「さよならエレジー」19%
2位 米津玄師「Lemon」21%
1位 三代目 J Soul Brothers「R.Y.U.S.E.I.」23%

こういうのを”余計なお世話”って言うんですよ。しかもちょっと前にここで”アラカンが歌うmiwa米津玄師とか超カッコよくないですか?”と書いた身としては、米津玄師が2曲も入っているのは責任すら感じてしまう(笑)。

しかもこの雑誌、ちょっと前にはこんな記事を載せている。

カラオケで歌うと“おっさん認定”されるランキング。サザン、小沢健二…は何位?

こちらは全国の20代女性100人に、『カラオケで歌われたら“おっさん認定”するアーティストは?』というアンケートを実施した結果だそう。

率9位…浜田省吾(30人)
同率9位…小田和正(30人)
8位…鈴木雅之(32人)
7位…小沢健二(34人)
6位…米米CLUB(35人)
5位…『チェッカーズ』(36人)
4位…郷ひろみ(38人)
3位…田原俊彦(48人)
2位…松山千春(53人)
1位…井上陽水(54人)

おいおい、最近の歌を歌えばドン引きされ、昔の歌を歌えばおっさん認定される・・・じゃあ何を歌えばいいの?

結論:好きな歌を歌いましょう

歌ってストレス溜めては意味がない。どうせならストレスを発散するために歌いましょう。

そういえば米津玄師の紅白出場が決まったそうですね。俄然大晦日が楽しみになってきました(^^♪。

それでは皆さん、よい年末・年始を。

追記:垂範率先、米津玄師の”Lemon”をライブで弾き語ってみました。

↑このページのトップヘ