歌が上手くなるブログ@横浜

   --- Let's Sing & Carry On ---          歌屋ボーカルスクール(JASRAC 契約店) オフィシャルウェブサイト

カテゴリ: 歌が上手くなる方法

それでは本シリーズの最終回です。これまで書いてきたポイントは、

1.字面に捕らわれない
2.強く発音する子音を押さえる

でした。そして今回は、

3.英語声で発声する

です。そう、口の形や舌の使い方をいくら頑張っても英語らしくならないとお悩みのアナタ、実は声そのものが欧米人と違うのですね。

一般的に日本人の声は高く細い、欧米人の声は低くダイナミック、と言われます。これは実際の音程や強弱もありますが、音質の違いが大きいのです。

オーディオ機器にはVolume(ボリューム)の他にBass(ベース、バス:低音)とTreble(トレブル:高音)を調整するツマミがありますが、例えるなら欧米人の声はBassを上げた音質、日本人の声はTrebleを上げた音質と言えるでしょう。

そしてご存知の通りこのBass&Trebleはどんなにいじっても音程は変わりません(変わったら大変!)。あくまで音の成分が変化するのです。

ちなみに英語のヒアリングで女性の声の方が男性の声より聞き取りやすいと感じたことはありませんか?これも日本人がトレブリーな音質に慣れているせいでしょう。

さてそれでは実際の発声ですが、音量や音程を変えるのは容易でも音質を変えるってどうするの?っていう話ですよね。

まず以下の動画をご覧ください。



こちらは”英語喉”を提唱しているカズさんの動画なのですが、これを見ると欧米人と日本人の声質の違いというのがよくわかります。

この方は多くの関連動画をアップされているので興味ある方は他もご覧いただくとよいと思いますが、英語喉の一番のポイントは”喉を緩める”ことだそうです。

この”喉を緩める”に関して、歌屋が長年抱いてきた疑問が氷解したエピソードを一つ。

高校時代の英語の時間。
先生:日本人がLとRの発音が苦手なように、外人にも苦手な日本語の発音がある。例えば外人は『小野さん』と『大野さん』の区別ができず、両方とも『オーノサン』になる。
歌屋:確かに。でもなんで?

でこれはどちらも最初の”お”に強いアクセントが置かれるためだと考えていたのですが、英語喉の観点からすると日本人が”お”と”おー”を喉を閉めることで発音し分けることができるのに対し、欧米人は喉を緩めているのでこれができない!まさに目から鱗。これ面白いのでぜひお試しを。


ということで”英語の発音問題シリーズ”いかがでしたでしょうか。面倒くさくて無理・・・ですよね。なので本シリーズの最初に申し上げた通り英語の発音なんか気にせず歌いましょう。英語が完璧で歌がめちゃくちゃ上手い欧米人はごまんといますが、日本語なまりの英語で歌が上手い人はそれより遥かに少ないはず。そうこれぞブルー・オーシャン戦略!って違うか。。。

友だち追加数

割り込みが入ったりで年をまたいでしまいましたが、このシリーズまだ続いてます。前回はこちら。

悩ましい英語の発音問題・・・でも大丈夫!その2

前回のポイントは”1.字面に捕らわれない”でした。今回は、

2.強く発音する子音を押さえる

です。例えば”か・き・く・け・こ”を発音するのに日本語では"K"の音を軽く喉に引っ掛けて”かーきーくーけーこー”のように平坦に発音できると思います。

これを英語っぽくするために、
1. "K"の音を出そうとする際舌の奥を上アゴに当て一旦止める
2. 呼気で圧力をかける
3. 舌を下げ一気に開放して声を出す。”クヮッ・キッ・クッ・クェッ・クォッ”のような音。

文字で表すのは難しいですね。ポイントはボリュームを上げるのではなく空気の流れを速くすること。イメージとしては紙鉄砲のように先に詰めた弾がピストンで圧縮された空気に押し出されて飛ぶ、でしょうか。

これで"KIT KUT"を発音すると”キットカット”ではなくCMのように英語の"ッ"になりませんか。

余談
イマドキ”紙鉄砲”なんてみんな知ってるかな、と不安になってググったら”紙鉄砲”は新聞紙を折って作ってパンッと鳴らすやつで、上で言っているのは”紙玉鉄砲”だとのこと。そうなの?


以下同様に。

”が・ぎ・ぐ・げ・ご”
"K"と同じところで"G"の音を出す。
"I got it"->”アィリ”
gamble->”ギャンボ”

”た・ち・つ・て・と”
こちらは"T"なので舌の前方を上アゴに付け止め->圧をかけ->開放
”TVタックル”の”タックル”が”クー”に。

”だ・ぢ・づ・で・ど”
"T"と同じところで"D"。
"I did it"->”アィディディ”

”ぱ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ”
"P"なので唇で止めてあとは同じ。
"Pic it up"->”ピキラッ”

”ば・び・ぶ・べ・ぼ”
"B"なのでこちらも唇で。
”Bic Camera”->?

てな具合。

とにかく外人に成り切っていろいろ試してみてください。あこれあくまでも英語の歌をそれっぽく歌うためのなんちゃって発音講座なので、ネイティブに笑われても一切責任は取りかねますのでご了承くださいね。

友だち追加数

去年は8月のお盆真っ盛りの時期に開催して少々顰蹙気味だった発表会、今年はよい日程を押さえることができました。

日時: 7月2日(日) 開場13:30/開演14:00/終演予定16:00
会場: 鶴見区民文化センター サルビアホール 3階音楽ホール
出演者: 歌屋ボーカルスクール生徒の皆さん他
料金: 無料

去年までと違って初めて日曜の昼に実施です。今から予定に入れておいて是非お越しくださいませ。もう夏の話なんて気が早いと思われるかもしれませんが、これがあっという間に来ちゃうんですよ。ホントに。

友だち追加数

先日古武術研究家の甲野善紀氏による音楽家講座に参加してきました。甲野善紀氏といえばテレビでもおなじみの古武術の身体の動き・使い方を研究されている方で、少し前からは介護の際のラクな身体の使い方を指導されていてご存知の方も多いハズ。

その甲野氏が”音楽家講座”?ということでイマイチイメージが湧かなかったのですが、場所がいつも学習発表会で使っているサルビアホールだったので軽い気持ちで行ってみたところ大変興味深く得るものも多い参加した甲斐のある内容でした。まずはそのレポートから。

開始早々驚かされたことがひとつ。初参加にあたり少しでも多くのものを吸収してやろうと一番に会場入りして意気込んで一番前の席に陣取ったのですが、後から来た常連と思しき出席者の皆さんは椅子に荷物を置くとするするとステージに向かい靴を脱ぎステージ上へ。

あっけにとられているとステージ上の一人が”よろしければ皆さんステージ上へ。こちらの方がよく見えます”と呼びかけ、促されるように歌屋もおずおずとステージへ。で結局前半は講師の甲野氏を受講者全員が囲むようにして講座が行われたのでした。

講座の内容としては甲野氏の身体の使い方に関する発見(これを”気づき”と呼んでいました)の発表と実演なのですが、目の前で時に真剣を使用した実技は非常に迫力あるものでした。

いくつか披露された技の中で今回のメインとなったのが後半に行われた”ひもを身体に巻くことで楽器演奏能力が向上する”というもの。

実際にバイオリンやチェロなどの楽器を持参した参加者がまず普段通り演奏を行った後、ごく普通の手芸用のひもを身体のあちこちに巻くとあら不思議、音の深み・厚みが増し印象ががらりと変わってしまうのです。

ただこの時点ではまだ”何かの暗示かな”くらいに思っていたのですが、その後自分でもいろいろ試してどうもこれは発声にも役立ちそうだという印象を持つようになりました。

ここでやっと本題、タイトルの”ひもを身体に巻くと声が出る?”です。

実際うちの生徒さんにも協力いただきこれを試してみたところ、多くの生徒さんが”発声が安定した””声が出やすい”といった効果を感じられていました。

もちろんまだ試行錯誤の最中ではありますが、できればこの効果を発声でお悩みの皆さんに感じていただきたく、現行のレッスンに取り入れるとともに無料体験レッスンのメニューにも加えることにいたしました。

興味を持たれた方は是非体験レッスンでその効果を体感してみてください。自分でも試してみたいという方には発声に効く!”魔法のひも”をプレゼントしますよ。

またこの技はもともと健康法であり基本ひもを身体に巻くだけという大変簡単なもので、関連書籍も既にいくつか出版されています。


新装改訂版 ヒモ一本のカラダ革命 健康体を手に入れる! ヒモトレ


ひもを巻くだけで体が変わる! 痛みが消える! (腰、ひざ、首、肩の激痛が消失! 医師が太鼓判!)


ヒモトレ革命 繫がるカラダ 動けるカラダ

信じるか信じないかはアナタ次第。。。けどひも一本で特別お金がかかる訳ではないので信じてやってみる方がおトクだと思いませんか?

友だち追加数

先月デビューを果たした我がビートルズコピーバンド”The Feel'Z”、”よし、来年から本格始動するぞ”と意気込んでいたところにメンバーより連絡が。

”今年もう1回ライブやるよ”
”・・・”


ということで、ライブ告知です。

-----
12/23(金、祝) 第114回ビートルズ大会
場所:Welcome back
住所:東京都豊島区南大塚3-44-11 フサカビルB1 JR大塚駅南口より徒歩2分
Tel & Fax: 03-5957-5141

開場:16:30 開演:17:00
¥1,500 (1Drink付き)

出演:今回は6バンド中トップバッターで17:00-17:30
-----

お時間のある方は・・・いやこの時期お暇な方、お時間のある方はいらっしゃらないですよね。

”クリスマスの飾り付けに疲れたあなた、遊びに来ませんか?”

コピーの才能ナシ。

友だち追加数

↑このページのトップヘ