歌屋ボーカル研究所

     歌全般、歌唱法、声などに関するあれこれ

カテゴリ: 歌が上手くなる方法

YouTubeを見ていて明石昌夫氏が音楽について語っているチャンネルを見つけました。明石氏は初期のB'zのツアーにベーシストとして参加、B'zの二人がシリアスなのに対して明るいムードメーカー的な存在として印象に残っていますが、いろいろ動画を見てみるとB'zその他多くのアーティストを手掛けたアレンジャーでもあったのですね。

そんな明石氏が自らを”過去の栄光に縋るクソジジイ”と称し、B'zデビュー当時の裏話など赤裸々に語る動画はなかなか興味深いです。歌に関する考察もいくつかありましたので下に上げておきます。







その風貌のみならず視点の方もユニークですね。歌に行き詰っている方は参考になるかもしれません。

個人的にB'zは初期の頃が一番好きだったので、その辺りの話を聞けるのは楽しいです。チャンネル登録もしたので、今後もチェックしていきたいと思っています。

ちょっと前に話題となった、ギターサウンドをこよなく愛する者の一人としては少々ショッキングなトピック。

J-CASTニュース
「最近の若者はギターソロを聴かない」論争から考える、サブスク普及と音楽の関係

皆さんお忙しいのでしょうか?長いイントロやギターソロにじっくり耳を傾けて聴く(さらにそれをコピるのに何百回と聴く)、そんな余裕なんてなくなってしまったのかも。

そうなるとディープパープル(リッチーブラックモア)、ヴァンヘイレン、イーグルスといったロックバンドも存在価値がなくなってしまいそう。ましてやジェフベックやエリッククラプトンは失業の危機?(もう働かなくてよいか)。

ホテルカリフォルニアなんかどうする?イントロ1分弱、エンディングは例のツインギターが2分余り、全カットですか?

Eagles perform "Hotel California" at the 1998 Rock & Roll Hall of Fame Induction Ceremony


もはやロックは落語や歌舞伎と同じような扱いになりそうですね。

日経Gooddayに声に関する記事がありましたので上げておきます。

声がかすれて出にくい… 声帯の萎縮やダメージを防ぐには?クイズで学ぶ「声帯」

こちらは有料記事をライターさんがまとめたものとのこと。元記事はお医者さんが書かれたので内容は信頼できそうです。

最初がクイズ形式になっているのでこちらでは内容に触れずにおきますが、喉にダメージを与える要因とそれを防ぐ方法につき簡潔にまとめられているので声を大切にされたい方には一読をお勧めします。

当方で一つ追加するとしたら”無駄に大声を出さない。ガナらない。”でしょうか(笑)。

シニア世代が弾き語りをする際欠かせないのが歌詞カード(+ギターコード)。そう若い頃は”歌詞カードを使うなんて怠慢。歌詞を記憶しないでいい歌が歌えるか”くらいのことを言っていた気がしますが、今では歌詞カード無しでの弾き語りは考えられません。

そして最近増えてきたのがタブレットを歌詞カードとして使用するケース。かく言う私も少し前からタブレットを使用していました。”いました”と過去形なのは今また紙ベースに戻ったからで、今回はその理由を含めタブレットを歌詞カードとして使用する際のメリットとデメリットについて書いてみます。

●タブレットを使用するメリット
・歌詞が増えてきても重量が増えずまた整理もしやすい
・印刷する必要がない、プリンタのインク切れを心配しなくてよい
・携帯していれば飛び込みでオープンマイク等に参加可
・暗いところでも見えやすい

●デメリット
・充電が面倒。また電池切れの恐れあり。
・歌詞が2ページ以上に渡る場合、ページめくりに何らかの工夫が必要。曲中にスワイプする、別途ターナー(ページをめくるためのツール)を用意するなど。
・高価。10インチの大きさで見えれば1万円台から購入できるが、それ以上のものはそれなりに高い。
・何らかの理由で起動できない、データが消えた等のトラブルが発生することも。

この最後に上げたのがまさに今回私が体験した大大トラブルなのです。

先日あるライブに参加した際のこと。自分のバンドの順番が来て”さあやるぞ”と歌詞&コードの入ったタブレットを開けると画面がバリバリに割れてる!?”この間新調したばかりなのに。てか歌詞もコードも分からんでどうする?新曲2曲もあるのに・・・”。

しかしここで出来ませんとは言えず覚悟を決めステージへ。オリジナル曲ばかりなのをよいことに1番のサビ2回歌ったり途中意味不明の日本語を交えたりしながら何とかやり切ったのでした。

以下その証拠写真です(笑)。
20220529_213617

こうなるともうお手上げですね。歌詞カードにタブレットを使用している方はこんなこともあると心に留めておいていただきたいと思います。私はこれに懲りてしばらくはローテク紙ベースの紙(神)頼みでいくつもりです(笑)。

前回の記事の続き。Yamaha Syncroomに接続できないトラブルの現象につきいろいろ確認していくうち、一点思い違いをしていることがありました。

前回”みなIPv6対応のネットワークのはず”と書きましたが、私を含め3人のメンバーのうち1人がIPv4接続でした。詳しくは以下の通り。

私:IPv6
A君:IPv6
B君:IPv4

3人とも光回線接続であるのは確認済みでてっきり全員IPv6かと思ったのですが、B君のネットワークプロバイダーを確認したところローカルのケーブルTVでそちらがIPv6に対応してなかったのです。

よってほぼこれが接続できない原因であると思われます。ただ不思議なのは私(IPv6)とB君(IPv4)が1ルームに接続できないないのになぜかA君(IPv6)とB君(IPv4)は同居可能なこと。

組み合わせのパターンは以下の通り。
・私とA君が同居するルームにB君が接続ー>不可
・A君とB君はなぜか同居可能。そこに私が接続しようとすると不可
・私とB君は同居不可

つまり私とB君との相性のみ悪い(笑)。この原因については調べようもないのでここまでとします。

で結局3人で1ルームに接続できないのでもうオンラインリハを諦めるしかないと思いかけたところ、一つ回避策として見つけたのがSyncroomの”ルーム連結機能”

これはSyncroomの1ルーム5人までの制限に対し2つのルームを連結することにより10人まで使用できるようにする機能で、これを利用すればA君とB君のいる1ルームに私1人のルームを作りこれを連結できるのではないかと考えたのです。

結果はOK!!初めてSyncroom上で3人での演奏が実現しました。その後しばらくB君のみ音声が途切れるといった状況がありましたが、これは同時に行っていたスマホでのビデオチャットをB君が偶然止めたら改善され(電波障害的なものか?)、それ以降はほぼ問題なく快適にオンラインリハを行うことができました。

ということで結構バタバタしましたが、なんとか今後のオンラインリハ実施目処がつきほっとしております。



















































































↑このページのトップヘ