50歳からのボーカル・レッスン♪♪

   歌屋ボーカルスクール(JASRAC 契約店) オフィシャルウェブサイト

カテゴリ: 歌が上手くなる方法

少々刺激的なこのタイトル、ソースはこちら。

東洋経済オンライン
老けこむ人は「声の出し方」が間違っている
1万人以上の声を聞いてきたプロが教える


確かに声は加齢と共に変化していくもので、電話の声で相手のおおよその年齢がわかってしまうことからも明らか。

そして喉に負担をかけない正しい発声を行うことが声のアンチエイジングになる、というのがこの著者の考え。

でその正しい発声と効果というのは以下の通り。
・口角挙筋を使い口角を上げ笑顔で発声する
・これにより自然と鼻腔共鳴となり喉を痛めることなく響きある声が手に入る
・大人の声変わりとも無縁になり、さらには美顔効果もある

結局のところこの著者の新刊本のプロモーション記事だったのですが、確かに楽しく歌って美顔にもなるのであれば特に女性には魅力的ですよね。

ただこの記事には”歌”という言葉が一度も出てきておらず、当方の”歌が上手くなる”ための発声”という見地からすると意を異にするところも。

例えば以下の点。

・”口角を上げ表情豊かに発声する”のをよしとしているが、高い歌唱力で定評があった藤圭子宇多田ヒカルの母)のまるで能面と比喩される無表情での歌唱は?

圭子の夢は夜ひらく YouTube

・鼻腔共鳴のみを正しい発声としているが、それ以外例えば福山雅治の響きのある低音やX JAPAN Toshiの突き抜ける高音は正しくない?

・”口を大きく開ける発声法はNG”としているけれど、これも一概にどちらがよいと言えるものではない。

例えば以下の大ヒットソング”粉雪”を歌うレミオロメン 藤巻亮太

レミオロメン 粉雪 YouTube

サビの”こなーゆきー”の”なー”のところでこれでもかというくらいに大きく開口している。これと比較する例として小田和正がカバーした”粉雪”の動画があったのだがこれは残念ながら削除された模様。

小田さんの歌唱はいつもあまり大きく口を開けることをせず、またこの”粉雪”のサビは”こなあーゆきー”の”なあー”をしゃくりながら軽々と発声している。もちろんkeyは原曲のまま。

どちらも素晴らしく、あとは好みの問題。


といろいろ書きましたが、この”美顔ボイストレーナー”の著者の言わんとすることにいささかのケチをつけるつもりはなく、ただ歌を歌う方が”口は空けない方がよいのかな”などと誤解されることのないよう”ボーカルトレーナー”の立場から本記事を書かせていただいた次第であります。

いよいよ平成最後の年も押し詰まってまいりました。忘年会でカラオケにいく機会も多くなってきたところにこんな気になる記事が。

若者がドン引きする「おじさんのカラオケ」ランキング 「U.S.A」は4位、1位は…?

これは某雑誌の記事で、20代の男女100人に「忘年会でおじさんが歌うとドン引きするカラオケ曲」のアンケートを実施した結果が以下とのこと。

5位 米津玄師「LOSER」16%
4位 DA PUMP「U.S.A.」18%
3位 菅田将暉「さよならエレジー」19%
2位 米津玄師「Lemon」21%
1位 三代目 J Soul Brothers「R.Y.U.S.E.I.」23%

こういうのを”余計なお世話”って言うんですよ。しかもちょっと前にここで”アラカンが歌うmiwa米津玄師とか超カッコよくないですか?”と書いた身としては、米津玄師が2曲も入っているのは責任すら感じてしまう(笑)。

しかもこの雑誌、ちょっと前にはこんな記事を載せている。

カラオケで歌うと“おっさん認定”されるランキング。サザン、小沢健二…は何位?

こちらは全国の20代女性100人に、『カラオケで歌われたら“おっさん認定”するアーティストは?』というアンケートを実施した結果だそう。

率9位…浜田省吾(30人)
同率9位…小田和正(30人)
8位…鈴木雅之(32人)
7位…小沢健二(34人)
6位…米米CLUB(35人)
5位…『チェッカーズ』(36人)
4位…郷ひろみ(38人)
3位…田原俊彦(48人)
2位…松山千春(53人)
1位…井上陽水(54人)

おいおい、最近の歌を歌えばドン引きされ、昔の歌を歌えばおっさん認定される・・・じゃあ何を歌えばいいの?

結論:好きな歌を歌いましょう

歌ってストレス溜めては意味がない。どうせならストレスを発散するために歌いましょう。

そういえば米津玄師の紅白出場が決まったそうですね。俄然大晦日が楽しみになってきました(^^♪。

それでは皆さん、よい年末・年始を。

追記:垂範率先、米津玄師の”Lemon”をライブで弾き語ってみました。

いよいよ平成最後の年末、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さてこれからカラオケで歌う機会も増える忘年会・新年会シーズン、”何を歌ったらよいかわからない”という方はこんなデータを参考になさってみてはいかがでしょう?

DAM平成カラオケランキング

正確には、”通信カラオケDAMがサービスを開始した1994年(平成6年)4月から2018年(平成30年)10月までのデータを集計”したものだそうです。

ランキングの種類は以下の通り。
<楽曲別ランキング TOP50>
<歌手別ランキング TOP10>
<年別ランキング1位楽曲リスト(1994年~2018年)>
<月間1位獲得数ランキング TOP10>

特に<年別ランキング1位楽曲リスト(1994年~2018年)>には時代が感じられます。見るとカラオケ行きたくなるかも(笑)。

年末・年始シーズンに備えて、今のうちにしっかり練習しておきましょう(^^♪

以前にも当ブログでご紹介したTV番組の”関ジャム”、先日の放送でもまた面白そうなテーマを取り上げていました。

プロが選んだ「実は歌うのが難しい曲」とは?

なんでもプロのコーラスシンガーやシンガーソングライターにアンケートを実施、プロから見て歌うのが難しい曲を紹介していくというもので、”カラオケで歌ったらアカン曲”や”カラオケで歌いがちでも実は難しい曲”があるとのこと。

で実際に紹介された曲は以下の通り。

★難しい歌のポイント
 1.音程が取りにくい
  ・槇原敬之 ”冬がはじまるよ”
  ・ドリカム ”サンキュ.”
  ・オフコース ”さよなら”
  ・スキマスイッチ ”全力少年”
 これらの曲は音程の変化が激しく、本人はちゃんと歌ってるつもりでも実は音を外していることがあるとのこと。

 2.キーが高い曲
  ・秦基博 ”鱗”
  ・Superfly ”愛をこめて花束を”
  ・JUJU "奇跡を望むなら...”
 これはわかりやすいですね。個人的にはレミオロメンの”粉雪”でしょうか。カラオケでつい入れて玉砕した方も多いのでは。

 3.リズムが難しい曲
  ・久保田利伸 "Missing”
  ・AI ”ハピネス”
  また言葉数が多くて難しい曲として、
  ・ミスチル ”名もなき詩”
  ・山口百恵 ”プレイバック Part 2”
 先の2曲についての説明では”レイドバック”という言葉が使われていました。これは正確なリズムよりやや遅れて歌うテクニックで、日本語では”タメ”や”後ノリ”にあたるものですね。

 4.世界観の表現が難しい曲
  ・MISIA ”逢いたくていま”
  ・矢沢永吉 ”アリよさらば”
  ・サザン ”真夏の果実”
  ・久保田利伸 ”Indigo Waltz”
  ・加山雄三 ”君といつまでも”
 これはもう本人しか歌えないということで、”手出したらアカンやつ””モノマネするしかない”などの声が上がってました。

といったことで歌を歌う人にはかなり参考になるのではないでしょうか。

”本人にしか歌えない”に関しては実は私も前回ご紹介した歌に関するプレゼンの中で、歌唱力のある歌手の名前を挙げ”カラオケでこういった人の曲を歌うのは避けましょう”みたいな話をしてドッと受けたことがあります。

でも後から”やっぱりこの曲は避けた方がよいですね”とか”今度この曲にチャレンジしようとしたのですが止めときます”といったことを皆さんから言われて大いに反省いたしました。

なんたって自らのビジネスチャンスをみすみす潰しにいってるようなものですから(笑)。皆さんどんどん難しい曲にチャレンジしていきましょう!!

以前歌に関するプレゼンを行い、その締めに以下の資料で”やはり歌は最高の趣味です”とお話をさせていただいたことがありました。

ボーカル講座プレゼン2018-1

これは常々思っていることをまとめたものですが、さらに先日放送された「ホンマでっか!?TV」 では認知症の症状を和らげるのに懐メロが有効であるということでした。

自分が最も輝いていたころの音楽を聞くのが効果的だそうで、歌うのはもっとよいとのこと。またこれは認知症の予防にもなるらしいので、皆さん自分の世代の歌をたくさん聞いてせっせと歌うことをオススメします(笑)。

あともう一つのオススメは”新しい歌を覚えて歌う”

これは最近流行りの曲に限るということではなく、たとえばサザンが好きでこれまで”勝手にシンドバッド””いとしのエリー”がレパートリーだったのであれば、さらに”真夏の果実””TSUNAMI”にチャレンジしてみるとか。

それによってこれまで使ってなかった脳の部分が使われて活性化されるかも?英語の歌異性の曲を歌うのもよいですね。レパートリーも増えてカラオケに行く楽しみ倍増!!

もちろんチャレンジ精神旺盛の方は最新の曲にもどんどんトライしましょう。アラカンが歌うmiwa米津玄師とか超カッコよくないですか?

そして新しい歌を覚えたら、ぜひ人前でそれを披露してみてください。インプットだけでなくアウトプットすることが大切!その結果をチェックしてさらに練習する・・・これまさにPDCA、このサイクルが回るようになれば上達間違いなし!?

ということで改めて、”やっぱり歌って最高!!”

↑このページのトップヘ