歌が上手くなるブログ@横浜   50歳からのボーカル・レッスン♪♪

   歌屋ボーカルスクール(JASRAC 契約店) オフィシャルウェブサイト

カテゴリ: 歌が上手くなる方法

以前にも当ブログでご紹介したTV番組の”関ジャム”、先日の放送でもまた面白そうなテーマを取り上げていました。

プロが選んだ「実は歌うのが難しい曲」とは?

なんでもプロのコーラスシンガーやシンガーソングライターにアンケートを実施、プロから見て歌うのが難しい曲を紹介していくというもので、”カラオケで歌ったらアカン曲”や”カラオケで歌いがちでも実は難しい曲”があるとのこと。

で実際に紹介された曲は以下の通り。

★難しい歌のポイント
 1.音程が取りにくい
  ・槇原敬之 ”冬がはじまるよ”
  ・ドリカム ”サンキュ.”
  ・オフコース ”さよなら”
  ・スキマスイッチ ”全力少年”
 これらの曲は音程の変化が激しく、本人はちゃんと歌ってるつもりでも実は音を外していることがあるとのこと。

 2.キーが高い曲
  ・秦基博 ”鱗”
  ・Superfly ”愛をこめて花束を”
  ・JUJU "奇跡を望むなら...”
 これはわかりやすいですね。個人的にはレミオロメンの”粉雪”でしょうか。カラオケでつい入れて玉砕した方も多いのでは。

 3.リズムが難しい曲
  ・久保田利伸 "Missing”
  ・AI ”ハピネス”
  また言葉数が多くて難しい曲として、
  ・ミスチル ”名もなき詩”
  ・山口百恵 ”プレイバック Part 2”
 先の2曲についての説明では”レイドバック”という言葉が使われていました。これは正確なリズムよりやや遅れて歌うテクニックで、日本語では”タメ”や”後ノリ”にあたるものですね。

 4.世界観の表現が難しい曲
  ・MISIA ”逢いたくていま”
  ・矢沢永吉 ”アリよさらば”
  ・サザン ”真夏の果実”
  ・久保田利伸 ”Indigo Waltz”
  ・加山雄三 ”君といつまでも”
 これはもう本人しか歌えないということで、”手出したらアカンやつ””モノマネするしかない”などの声が上がってました。

といったことで歌を歌う人にはかなり参考になるのではないでしょうか。

”本人にしか歌えない”に関しては実は私も前回ご紹介した歌に関するプレゼンの中で、歌唱力のある歌手の名前を挙げ”カラオケでこういった人の曲を歌うのは避けましょう”みたいな話をしてドッと受けたことがあります。

でも後から”やっぱりこの曲は避けた方がよいですね”とか”今度この曲にチャレンジしようとしたのですが止めときます”といったことを皆さんから言われて大いに反省いたしました。

なんたって自らのビジネスチャンスをみすみす潰しにいってるようなものですから(笑)。皆さんどんどん難しい曲にチャレンジしていきましょう!!

以前歌に関するプレゼンを行い、その締めに以下の資料で”やはり歌は最高の趣味です”とお話をさせていただいたことがありました。

ボーカル講座プレゼン2018-1

これは常々思っていることをまとめたものですが、さらに先日放送された「ホンマでっか!?TV」 では認知症の症状を和らげるのに懐メロが有効であるということでした。

自分が最も輝いていたころの音楽を聞くのが効果的だそうで、歌うのはもっとよいとのこと。またこれは認知症の予防にもなるらしいので、皆さん自分の世代の歌をたくさん聞いてせっせと歌うことをオススメします(笑)。

あともう一つのオススメは”新しい歌を覚えて歌う”

これは最近流行りの曲に限るということではなく、たとえばサザンが好きでこれまで”勝手にシンドバッド””いとしのエリー”がレパートリーだったのであれば、さらに”真夏の果実””TSUNAMI”にチャレンジしてみるとか。

それによってこれまで使ってなかった脳の部分が使われて活性化されるかも?英語の歌異性の曲を歌うのもよいですね。レパートリーも増えてカラオケに行く楽しみ倍増!!

もちろんチャレンジ精神旺盛の方は最新の曲にもどんどんトライしましょう。アラカンが歌うmiwa米津玄師とか超カッコよくないですか?

そして新しい歌を覚えたら、ぜひ人前でそれを披露してみてください。インプットだけでなくアウトプットすることが大切!その結果をチェックしてさらに練習する・・・これまさにPDCA、このサイクルが回るようになれば上達間違いなし!?

ということで改めて、”やっぱり歌って最高!!”

先日お知らせいたしました今年の学習発表会ですが、都合により中止させていただくことといたしました。予定を入れてくださっていた皆様、また楽しみにされていた皆様には大変申し訳ございません。

そして代わりと言っては何ですが、以下アコースティック・ライブを実施いたします。

タイトル:放課後弾き語りライブ 番外編 in 鶴見サルビアホール
日時: 8月18日(土) 開場18:30/開演19:00/終演予定21:00
会場: 鶴見区民文化センター サルビアホール 3階音楽ホール
料金: 無料

出演はいつも学習発表会にゲストとしてお越しいただいているココナッツ・オーシャン・ブリーズのお二人や私の参加しているアコースティック・ユニットのMAD、その他全6組を予定しております。

どなたでもご予約なしでご覧いただけますので、夏休み終盤、夕涼みがてらにどうぞお気軽にお出かけください。

去年の夏にひょんなことから始まった” 放課後弾き語り倶楽部”。その後いろんな経緯やご縁があって現在月1回ペースでライブやオープンマイクの会を続けさせていただいています。

こちら先日行われたライブの様子。
37179942_1102510503230851_2014157241678036992_n
アコースティック・ユニット、”MAD”。真ん中が私(^^♪

18-07-16-22-01-54-995_deco
出演者の皆さん

皆さん個々にライブ活動等されている方ばかりなので、大変クオリティーの高いライブでした。


それにしてもここのところ自ら楽器を演奏して楽しむ年齢層の高い皆さんが増えてきているなぁと感じます。考えてみたら現在の6,70代にはビートルズの来日公演を観た方もいらっしゃるでしょうし、その後のフォークソングブームでギターを弾いたことのある中高年の方も多いはず。そういった皆さんが”あの頃の夢をもう一度”と再び楽器を手にされているのでしょう。

自分で楽器を演奏して歌うというのはカラオケとはまた違った楽しみがありますね。


さてここからは宣伝(笑)。ギターやピアノの弾き語りをされている皆さん、その腕前を披露してみたいと思いませんか?

”放課後弾き語り倶楽部 オープンマイク”ならライブのように集客の心配等することなく、気軽にご参加いただけます。今後の予定は以下の通り。

8/1, 9/5, 10/10 いずれも(水)放課後弾き語り倶楽部 オープンマイク
場所:鶴見ラバーソウル
時間:19:00 Open
料金:演奏者¥2,000、見学者¥1,100(共に税込、1ドリンク付き)
ジャンル問わずどなたでも参加できるアコースティック弾き語りのオープンマイク。上原がお世話係を務めます。

また上記オープンマイク参加者によるライブも適宜実施。次回予定は以下の通り。

9/30(日)放課後弾き語りライブ
場所:鶴見ラバーソウル
時間:13:30 Open, 14:00 Start
料金:¥1,100(税込、1ドリンク付き)
出演者9組によるアコースティック・ライブ。まずは見学という方にもオススメ。

ということで超の付く初心者から腕に覚えのある方まで、ご参加お待ちしております。詳細は当ブログのお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

またまたこの季節がやって参りました。今年の学習発表会は8月中旬、土曜日の夜に開催いたします。

日時: 8月18日(土) 開場18:30/開演19:00/終演予定21:00
会場: 鶴見区民文化センター サルビアホール 3階音楽ホール
出演者: 歌屋ボーカルスクール生徒の皆さん他
料金: 無料

今年も昨年同様、生徒さんの歌唱、ゲスト演奏、そして私の公開ボーカル講座の3本立てでお送りする予定です。

どなたでもご予約なしでご覧いただけますので、夏休み終盤、夕涼みがてらにどうぞお気軽にお出かけください。

↑このページのトップヘ