50歳からのボーカル・レッスン♪♪

   歌屋ボーカルスクール(JASRAC 契約店) オフィシャルウェブサイト

カテゴリ: 日記

ついに新たな元号が”令和”と決まりました。ウチの娘も言ってましたが”かっこいい”という意見も多いようです。30年前に”平成”と決まった時には何かしっくりこなかった記憶がありますが、そう思うと今回はよい名前だったのではないでしょうか。

ところでこの”令和”、どう発音するかについても一部話題になっています。

J-castニュース
令和の発音、語頭にアクセント?それとも平板? 内閣府に聞いてみた


確かに”講義”のように頭高なのか”平和”のように平板なのか迷うところですし、実はこれ結構複雑だったりします。というのは、単独で発音する場合と他の後と一緒に発音する場合でも違っていたりするからです。

そこで”明治”以降の元号について、その発音を確認してみたいと思います。以下は生まれて以降50余年を横浜で過ごした私の場合についてとなります。

まず”明治”ですが、通常は間違いなく頭高ですね。そして”明治12年”といった場合も同じく頭高ですが、”明治時代”や”明治乳業”となるとこれは平板に変わります。

では”昭和”はいかがでしょう・・・と問いかける際のアクセントは個人的には平板ですが、頭高でも違和感ないですね。長渕剛らを輩出したことで有名なライブハウスの”昭和”は頭高ですし、やはり両方ともに使われているようです。でも”昭和36年”といった場合は平板で、”昭和”は結構複雑ですね(笑)。

それに比べると”大正”、”平成”は平板で決定、シンプルです。

そして”令和”、こちらはどうなるのでしょうか。”昭和”同様両方ありパターンで何となく頭高派が多いようにも思えますが、上記記事の中でも内閣府の回答として”アクセント(イントネーション)についての決まりはありません。ですので、自由に発音していただいて構いません”とあるので、これから皆さんが沢山この”令和”を口にすることで自然と決まっていくのでしょう。もちろん地域によっても異なりますし。

さて”令和”、いったいどの様な時代になっていくのでしょうか。願わくば皆がいつまでも楽しく歌って暮らしていける世の中であって欲しいと切に思います。



1年半ほど前に以下のめまいを発症した話を書いたのですが、先週の水曜日にまた同じ症状が起きてしまいました。

眩暈・めまいはつらいよ

初めての発作がちょうど7年前、前回が1年半前なので周期がずいぶん短くなってる、しかも過去2回は身体を冷やした際に発生していたのが今回は何の前触れもなく朝起きたらいきなり。この日は前日まで寒かった気温が急に10度位上がったので何か関係するのか?

いずれにせよこうなるともうベッドから起き上がれない、何も食べられない、あとは全予定をキャンセルして回復を待つしかない・・・ともう3回目で前回MRIも撮って命に関わることではないとわかっているので少々開き直り気味。

ただ金曜から3日間は大事なイベントが続くのでそれまでに回復しなくては・・・と思いつつ2日間ほぼ寝たきりで過ごし迎えた金曜の朝・・・もう最悪のコンディション!!景色はぐるぐる回り、水を飲んでも吐き戻す。。。

”今日もキャンセルするしかないか”、と思ったけれど意を決して起き上がりかかりつけの内科医院へ。”とにかく吐き気だけでも止める薬をください”とお願いして処方してもらったのがなんとトラベルミン。。。

トラベルミン!?

そう、誰もが知る乗り物酔いの薬。確かに症状は酷い船酔いと同じなので間違ってはないのか。ただこの薬には苦い思い出が。

幼い頃すぐ乗り物酔いする子供だった私はバス遠足が苦手で、当然この酔い止めの薬(トラベルミンだったかは記憶なし)を飲まされるのだけれど、全く効かずにそれごと吐き戻していたという悲惨な記憶がフラッシュバック。。。

しかし他に術もなく藁にもすがる思いで薬を飲んだら・・・効きました(笑)。吐き気がスッと収まりめまいも軽くなってそのまま仕事に行き1日目無事終了、残り2日も薬の力を借りて何とか乗り切ることができました。

もちろんこれは治療薬ではないので根本的解決ではありませんが、このように症状を抑えることが可能であるとわかっただけでも”再発したらどうしよう”との不安がずいぶんと軽くなります。

以上、あくまでも私の個人的体験・感想です。同じように”めまいで辛いけど外せない仕事がある”といった方は医師に相談されてみてはいかがでしょうか。

また新しい年が始まり、早くも1週間が過ぎました。今日からお仕事始まりの方も多いのではないでしょうか。

さて今年は平成最後の年ですね。私の祖父は明治生まれで大正、昭和と3つの時代を生きてきたのですが、自分も昭和、平成、そして次の時代と3つの時代を生きるのだなあと思うと感慨深いものがあります。


世の中は常に変化していきます。私の子供時代にはパソコン、デジカメ、そしてもちろんケータイ・スマホといったものはありませんでした。

ただテレビやクーラー、洗濯機といった電化製品一般、映画や遊園地といった娯楽施設、自動車や飛行機・新幹線のような乗り物など、もちろん今のものとクオリティに大きな差はあれどその辺りの便利で豊かな生活を送るためのモノは既に存在していました。

そしてパソコンは既にあった大型コンピューターの小型化、デジカメはフィルムカメラのデジタル化、スマホは家庭電話の進化したもの、と考えるとその元となるものは既に50年前にあった訳で、意外にまったく0から突然現れたものは思いつかず、”あれ、昔と大して変わってないじゃん”と思ったりもします。

となると電気もガスも水道もない農村の暮らしをしていた明治の人がその後経験した変化というのは凄まじかったのではないかと想像します。井戸で水を汲んでいたのが蛇口をひねれば水が出るようになり、かまどで火を起こしていたのがその必要がなくなり、スイッチ一つで灯りがともるようになり。。。

さらにはラジオ・テレビ、電話、映画、鉄道に自動車といったこれまでまったく存在しなかったものが次々と現れてきたのですから、この変わりよう激しさは今の我々の比ではないなと。


とりとめのないことを長々書いてしまいましたが、新年の雑感ということでお許しください。私自身は3つの時代をまたがってギター抱えて歌っていくつもりでおります。引き続きご愛顧賜れれば幸いでございます。

そして去年に引き続き、自宅近くの神社と仕事場近くの神社での初詣にて引いたおみくじは共に大吉!!これ神様に誓って1回ずつしか引いておりませんので、はい(笑)。
IMG_20190102_131429

IMG_20190104_123030




バンドのギター担当が最近Ovationオベーション:かつて松山千春や尾崎豊も使い一世を風靡したギターメーカー)を使い出しこれが実によいサウンド。負けず嫌いな自分、早速Ovation導入の検討を開始。

NETでいろいろと物色していると気になる2本のギター発見!どちらも大手楽器チェーンの町田店に置いているというので時間を作っていざ町田へ。

そこで出会ったのがこの2本。
IMG_20180501_130619

一目見てお分かりのようにトップ材が異なり、左のナチュナルの方はアコギに最も一般的に使用されるスプルース材、右のブラウンコア材といってギターのトップとしてはやや珍しいもの。

実は2本ともUSEDなのでお値段は手頃、ナチュラルの方が程度がよくその分若干高めの価格設定となっている。

さてどちらがよいか?

時間をかけて両方を試奏。今回自分が求めているのはストロークで”ガーン”と弾いたときに”バーン”音のするもの・・・分かりずらい表現だけど多くのギターは”ガーン”と弾いたとき”ボワァーン”となってしまうのです。

その意味ではコア材の方が要件に合っている。普通に弾くと”カラカラ”と明るい音色、そして強く弾くと”バーン”と鳴る。

かたやナチュラルの方もUSEDとは思えない程の美品、全体の質感とアコギとしての音の響き・バランスはこちらが上。

さてどうしたものか。

さんざん悩んでほぼ”コアにしよう”と決めかけていたところに問題発生。店員さんより”コアの方4,5,6弦のペグ(糸巻)の調子が良くない”との話があり、試しに回してみると確かにギシギシとしてよろしくない。

これではペグ交換必至、追加の費用&手間がかかる。また3日後のライブにも間に合わない、ということで結局ナチュラルの購入を決定!
IMG_20180501_130623

その後このギターでライブ参加、評判もよく一安心、一件落着・・・となるはずがこの話まだ続きます。


さて入手したナチュラル、実に美しい音色を奏でてくれて大満足!初のUSEDにして何の不満もなし・・・なのだけれどなぜかその後も例のコアのギターが気になって仕方ない。

夜な夜なNETでまだ売れてないか確認、”値段下がったら買っちゃう?いやいや同じギター2本はあり得ないでしょう”、と自問自答を繰り返す日々。。。
IMG_20180501_130629

そして結局・・・今こんな状況です(笑)。
IMG_20180515_171817

今度こそ一件落着。人もギターもご縁ですね、ということで。

もちろん本当に大切なのはこれからこの2本のギターでどれだけの経験を得られるか、ということであります、ハイ。



欅坂46には『サイレントマジョリティー』他、”大人社会への反抗”がテーマの曲がいくつかある。

いつの時代の若者にも共通するこのテーマ、延いてはかつて若者だった全ての大人においても共感できるものであるはず。が、このMVに感じる違和感はなんだろう?

作詞はご存知秋元康、大人社会の代表のような大人だ。その大人が作った歌を、大人たちがデザインしたユニフォームを纏い、大人たちの振り付けで一糸乱れず踊り、大人たちの指示でカメラに収まる。

まさにNHK "LIFE!"のコント、”おっさんが作っている”の世界。。。


かつてこのテーマを歌ったアーティストと言えば尾崎豊であろう。尾崎の場合自らのその思いを歌にし自らが歌う、つまり本物だった。それ故にその後自分が商業主義に載せられていくアンビバレンツに耐え切れず破綻を来したのか?


・・・ともっともらしく尾崎を語るこのワタクシ、実際は尾崎が世に出てきた頃にはもうそこそこの大人で、”また暑っ苦しい奴出てきたなー”位に思っていたのだ。

かように大人とは自分の都合のよいように過去も作り変えてしまう生き物なのである。”オレの若い頃はなあ・・・”で始まるおっさんの話はほぼ10倍に盛られている。

若者よ、ゆめゆめ油断召されるな。


しかし平手友梨奈の存在感は半端ないなぁ。。。

↑このページのトップヘ