この話、間に学習発表会があったので時間が経ってしまいました。

前回、”ある意外なバンドが生演奏を行っているのを発見、つい見入ってしまいました。”ということだったのですが、そのバンドとは関ジャニ∞です。

先日ミュージックステーションに出演し最新曲”強く 強く 強く”を披露した際、イントロのギターの音が妙に生々しく聞こえて来たので”あれっ?”と思い、見るとどうも実際に楽器を演奏している模様。

各メンバーを見てみると、ドラムの大倉忠義はかつて他の番組で”太鼓の達人”のスゴ技を披露していたりして、本当にドラムが上手く図抜けている感じ。パーカッションの横山裕もなかなか様になっている。

あとボーカル+生ギター渋谷すばる、ベース丸山隆平、エレキ安田章大&錦戸亮はそれぞれ頑張っている印象だったのですが、キーボード担当の村上信五はいつになくこわばった面持ちで肩に力が入り緊張の様子。。。

”あれれ、大丈夫かな”と思って見ていると、曲後半大倉がソロボーカル・バックがキーボードのみになるパートで明らかなミス!・・・でも演奏は途切れることなく最後までやりきってました。

正直これまで関ジャニ∞の曲をちゃんと聞いたことがなかったのですが、これを機会に今後聞いてみようかなと思わせるのは、やっぱり生演奏の力ですね。もしかしてライブの魅力とは”間違えるかもしれない”と思わせる=ハプニングを期待することかも知れません。

で翌週同番組に連続出演した関ジャニ∞はこのミスをネタにトークを展開、大倉の”何か変だったけど?”、タモリの”ちょっと音が違うんじゃないの”とのツッコミに、”いや、CD通りですよ”と返す村上。関西グループの面目躍如ですね。

友だち追加数