現在の通信手段が歌謡曲・J-Popの歌詞にどの位出てきているかの調査、前回”公衆電話”までチェックしましたので、今回はそれ以降をまとめて本シリーズを終わりたいと思います。

検索は大手歌詞検索サイトの一つである歌ネット:http://www.uta-net.com/の歌詞全文検索を使用、実行日は2015.5.14。

FAX:15
ポケベル:39


やはり少ない。。。FAXは恋愛における連絡手段としては特殊なのでしょう。でもビジネス界ではこのご時世で生き残ってるのが不思議。まだまだアナログな人が多いということでしょうか?

ポケベルは一世を風靡しましたが、その後PHS、さらには携帯に淘汰されました。曲で有名なのは何と言っても”ポケベルが鳴らなくて”ですね。

この曲でイメージされるのは歌っていた歌手ではなく、そう”裕木奈江”。同タイトルのドラマで演じた不倫相手役がハマり過ぎでバッシングを受け、その後あまり見ることがなくなってしまいました。最近たまにバラエティに出たりしてますね。ちなみに歌手は”国武万里”。知ってる?

さていよいよメールの時代到来。

メール:2,001

やはりそれなりに多いです。これはPC・モバイル含めての数になりますが、いまメールといったら普通モバイルの方がイメージされるのではないでしょうか。

モバイルに関して、デバイス毎には以下状況。

PHS:6
ケータイ:264
携帯:1,192
スマホ:42


PHSは時代の徒花でしたね。音響界のMDのよう?携帯が多いのは納得として、スマホが意外なほど少ない・・・。

これから増えてくるのか?ただ”スマホ”って言葉の響きには、”ポケベル””ケータイ”が持つある種の”切なさ”みたいなものが感じられないんですよね。なんかご陽気な感じで。。。なので恋愛を扱う歌詞には乗りにくいかと。まあ今後に期待しましょう。

さてLINEですが、これは”start line”みたいな言葉が全部検索対象となってしまうので、残念ながら集計不可。でもいくつか見たところ”LINEのスタンプが・・・”みたいな歌詞も出てきている様子。こちらも今後どうなるのか。。。

ということで、今後どんな通信手段が出てきて、それが恋人同士の連絡に使われ、さらに歌詞に反映されていくのか、興味は尽きませんね。

友だち追加数