歌が上手くなるブログ@横浜

   --- Let's Sing & Carry On ---          歌屋ボーカルスクール(JASRAC 契約店) オフィシャルウェブサイト

2017年05月

それでは本シリーズの最終回です。これまで書いてきたポイントは、

1.字面に捕らわれない
2.強く発音する子音を押さえる

でした。そして今回は、

3.英語声で発声する

です。そう、口の形や舌の使い方をいくら頑張っても英語らしくならないとお悩みのアナタ、実は声そのものが欧米人と違うのですね。

一般的に日本人の声は高く細い、欧米人の声は低くダイナミック、と言われます。これは実際の音程や強弱もありますが、音質の違いが大きいのです。

オーディオ機器にはVolume(ボリューム)の他にBass(ベース、バス:低音)とTreble(トレブル:高音)を調整するツマミがありますが、例えるなら欧米人の声はBassを上げた音質、日本人の声はTrebleを上げた音質と言えるでしょう。

そしてご存知の通りこのBass&Trebleはどんなにいじっても音程は変わりません(変わったら大変!)。あくまで音の成分が変化するのです。

ちなみに英語のヒアリングで女性の声の方が男性の声より聞き取りやすいと感じたことはありませんか?これも日本人がトレブリーな音質に慣れているせいでしょう。

さてそれでは実際の発声ですが、音量や音程を変えるのは容易でも音質を変えるってどうするの?っていう話ですよね。

まず以下の動画をご覧ください。



こちらは”英語喉”を提唱しているカズさんの動画なのですが、これを見ると欧米人と日本人の声質の違いというのがよくわかります。

この方は多くの関連動画をアップされているので興味ある方は他もご覧いただくとよいと思いますが、英語喉の一番のポイントは”喉を緩める”ことだそうです。

この”喉を緩める”に関して、歌屋が長年抱いてきた疑問が氷解したエピソードを一つ。

高校時代の英語の時間。
先生:日本人がLとRの発音が苦手なように、外人にも苦手な日本語の発音がある。例えば外人は『小野さん』と『大野さん』の区別ができず、両方とも『オーノサン』になる。
歌屋:確かに。でもなんで?

でこれはどちらも最初の”お”に強いアクセントが置かれるためだと考えていたのですが、英語喉の観点からすると日本人が”お”と”おー”を喉を閉めることで発音し分けることができるのに対し、欧米人は喉を緩めているのでこれができない!まさに目から鱗。これ面白いのでぜひお試しを。


ということで”英語の発音問題シリーズ”いかがでしたでしょうか。面倒くさくて無理・・・ですよね。なので本シリーズの最初に申し上げた通り英語の発音なんか気にせず歌いましょう。英語が完璧で歌がめちゃくちゃ上手い欧米人はごまんといますが、日本語なまりの英語で歌が上手い人はそれより遥かに少ないはず。そうこれぞブルー・オーシャン戦略!って違うか。。。

友だち追加数

レッスンスタジオのキーボードを電子ピアノに置き換えました。これに伴ってピアノレンタルルームを開始いたします。

機種:KORG コルグ / LP-180 WH
KORG製品ページ

IMG_20170414_153817

IMG_20170414_153854

IMG_20170414_154142

ご覧の通りペダルが分離したタイプなので自分の好みの場所に配置可能。またペダルを台に載せることでお子様でも使用できます。

その他当方だけの特色は以下の通り。

1.1ルームのみなので一般の貸しスタジオのような他バンドとの接触がなく安心。
2.マイクセット使用無料。本格的な弾き語りの練習も可。
3.約4畳半の広さなので同席者がいてもストレス無し、先生とのレッスン使用にも最適。ミニコンサートも?

料金:¥1,500/1h(税不要)
   同席者1名¥500/1h

本サービス開始に伴い30分無料使用キャンペーンを実施します。この機会にぜひ当スタジオの快適さをお試しください。

[お申し込みフォーム]

ご質問・お問い合わせはこちら。

[お問い合わせフォーム]

当面ピアノのレンタルルームといたしますが、他楽器の練習等で使用されたい方は上のお問い合わせフォームからご相談ください。

皆様からのお問い合わせ・お申し込みをお待ちしております。

友だち追加数

↑このページのトップヘ