歌が上手くなるブログ@横浜

   --- Let's Sing & Carry On ---          歌屋ボーカルスクール(JASRAC 契約店) オフィシャルウェブサイト

2016年09月

ポケモンの話と前後してしまいましたが、去る8/13学習発表会2016を無事とり行うことができました。ご協力いただいた皆様、また観に来ていただいた皆様に厚くお礼申し上げます。

今回出演者の数が少なく少々心細かったのですが、昨年以上に多くの皆さんに来ていただきご好評いただけたようでホッとしております。

今回参加できなかった生徒の皆さん、来年も実施したいと思いますので1年間腕を磨いて次回はぜひご出演を!

NANAMIさん
live_0379
live_0343 のコピー
live_0265 のコピー

ココナッツ・オーシャン・ブリーズさん(ゲスト)
live_0080 のコピー
live_0066 のコピー
live_0060 のコピー

歌屋
live_0732 のコピー
live_0685 のコピー
live_0709 のコピー

写真撮影:野村 修

友だち追加数

久々に歌と関係ない話を。

社会現象にもなった”Pokémon GO”、皆さんの中にもプレイされている方がいらっしゃるのでは?新しいモノ、流行りモノはとりあえず情報収集を試みる歌屋、もちろんポケモンも公開早々にダウンロードしてトライしております。

最初にやってみての感想は”なつかしい”。十数年前子供が小学生だった頃ゲームボーイアドバンスで”ポケットモンスター エメラルド”というのをやってたのですが、ポケモンを探して捕獲・収集、ジムで戦わせる、といったコンセプトは当時と一緒、出てくるポケモンもおなじみのメンバー。

でもそれがARによって現実世界に現れるのですから凄いことです。やってみると流行る理由が分かります。

でなんとうちのスクール、10m先の歩道橋がポケストップとなっている関係で居ながらにしてポケモンボール取り放題なのですね。もし喫茶店の経営者なら1日中ルアーモジュール(ポケモンをおびき寄せる道具)を使ってお客さん集めて左うちわといったところ?

さて肝心のゲームの進行状況ですが、熱心なプレイヤーのようにポケモンを歩いて探しに行くといったことは一切なく、ただ自宅でたまに開いてみるくらいのプレイ頻度なのでいまだレベル6、捕まえたポケモンの数22という至って低レベルなトレーナーに留まっています。

そんなゆるい付き合い方をして1ヶ月余り、昨日ふと就寝前に自室で開いてみたところいきなり”バサッ”っとこれまで見たことのない巨大なポケモンが。タップしてみると、

”カイリューが現れた”

いや、知らないのでわかりませんが。とりあえず捕まえようとボールを投げるも全然歯が立たない。”あっ、これはレアなポケモンなのかも”とボールを投げ続けること約10球(上述の通りポケモンボールだけはいくらでもあるので)、であっさりゲット。

その後調べてみてビックリ、”カイリュー”って超レアなポケモンだったのね。

”カイリューは出会えたら奇跡的な珍しいポケモン”
”実際に野生で捕まえることが出来るポケモンの中で一番高い入手難易度、きわめて出会うのが難しいモンスター”
”野生のカイリューに出会うことができると1カ月間は自慢することができるほど珍しく、カイリュー発見の周辺はお祭り状態になるほど人が来る”

だそうです。ということなので早速自慢させていただきました\(^o^)/。

こちらが証拠写真

image


スッカスカな図鑑

image

でもこういうのって、つくづく世の中は皮肉なものだと思いませんか?こんなゆるゆるトレーナーのところに、全コンプリートを目指して血眼になっているプレイヤーが見つけられないレアポケモンが来たりするのですから。

おしまい。

友だち追加数

↑このページのトップヘ