歌が上手くなるブログ@横浜

   --- Let's Sing & Carry On ---          歌屋ボーカルスクール(JASRAC 契約店) オフィシャルウェブサイト

●初めてのボーカルレッスン応援キャンペーン実施中!

1. 入会金: ¥0
2. 月謝: 初月2レッスン分 30%off
 個人レッスン: 通常¥10,000が¥7,000
 ペアレッスン: 通常¥12,000が¥8,400
3. 貸しスタジオ: 月1回無料

まずは無料体験から。詳細は上記メニュー”無料体験”をクリック!

生徒さんが入校されて初めてのレッスンで、ホワイトボードを使って”歌が上手いとはどういうことなのか?”について説明を行っています。

まず最初その生徒さんに、次のような質問をします。

”○○さんがお友達とカラオケに行きました。お友達が歌ったとき「うわぁ、上手いなあ」という人がいると思いますが、その人はどこが他の人と違って上手いのでしょうか?”

すると次のような答えが返ってきます。
・声がしっかり出ている
・音程が正しくとれている
・リズム感がよい
・気持ちが伝わってくる・・・

どれも正しい回答だと思います。このようにまず歌が上手いというのは実際どういうことなのか、を考え理解することが自分も歌を上手く歌えるようになるための第一歩になります。次回からそれぞれの回答について細かく説明していきます。

歌屋ボーカルスクール
♪Singing songs changes your world.

まれに腹式呼吸を行うとめまいを感じたり、気分が悪くなったりする場合があります。特に貧血気味の方などに起こることがあるようです。この場合は一旦休憩して、無理のない範囲で練習するようにしてください。

またこれまで書いてきた腹式呼吸はあくまでも基本で、歌の中で行うためには少しやり方を変える必要があります。これについては別途説明します。

歌屋ボーカルスクール
♪Singing songs changes your world.

腹式呼吸の続き、今日は息を吸うときのポイントです。

実際の練習手順をもう一度確認しておきます。
1. 足を肩幅に開き真っ直ぐ立つ。
2. おへその少し下あたり、丹田(たんでん)というところを指先で軽く押さえ、少しずつ押しながら口から息をゆっくり”スーッ”と音を立て吐いていく。
3. 息を吐き切ったら、お腹を押していた手を少しずつゆるめ今度は鼻からゆっくりと息を吸っていく。2-3を繰り返す。

息を吸うのは上記3です。2で息を吐き切りましたが、次に口を閉じてぺちゃんこになったお腹を少しずつゆるめていくと、鼻から自然と空気がお腹に戻っていきます。このとき吸うことを意識し過ぎると、肩が上がったり胸が膨らんだりしてしまいます。上半身は常にリラックスしてお腹だけで呼吸しているイメージが○です。

息を吸うときの一番のポイントは、”お腹をゆるめる”です。これは慣れるまで少し違和感があるかもしれません。と言うのも、通常の呼吸は吸うときに力を入れ肩が上がって胸が広がり、吐くときには脱力とともに空気が出て行くものだからです。深呼吸をする時はまさにこの状況ですが、ここでやろうとしている腹式呼吸は力の入れ方がまったく逆で、吐くときに力を入れ吸うときに脱力、となります。まずこの感覚を掴めるよう実際に練習してみてください。

以上が腹式呼吸で息を吸うときのポイントです。

歌屋ボーカルスクール
♪Singing songs changes your world.

↑このページのトップヘ