歌が上手くなるブログ@横浜

   --- Let's Sing & Carry On ---          歌屋ボーカルスクール(JASRAC 契約店) オフィシャルウェブサイト

●初めてのボーカルレッスン応援キャンペーン実施中!

1. 入会金: ¥0
2. 月謝: 初月2レッスン分 30%off
 個人レッスン: 通常¥10,000が¥7,000
 ペアレッスン: 通常¥12,000が¥8,400
3. 貸しスタジオ: 月1回無料

まずは無料体験から。詳細は上記メニュー”無料体験”をクリック!


●ピアノレンタルルーム30分無料使用キャンペーン

詳しく上記メニュー”ピアノルーム”をクリック!

ビートルズバンドの初ライブも無事終了、ほっと一息ついております。お越しいただいた皆様ありがとうございました。出来については前半なかなかにとっちらかってしまったものの、後半は持ち直したかなと。まあデビューライブとしては上出来?

さてもう一つのビートルズ・プロジェクト、セッション会の方も回を重ねレパートリーもそこそこ増えてきました。それに伴ってこんどは選曲が悩みの種に。なにせ”後期”、”ジョン”、”セッション”という縛りなのでそれなりに限られてきて、ついには"I Want You (She's So Heavy)"なんて渋い曲に手を出してみたり。

これまでもマニアックな曲を持って行ってはマスターのパウロさんに”こんなのセッション会でやる曲じゃない”と怒られること数回。"I Want You"もビビりながら持って行ってのですが、いざ演ってみたらこれはスゲーカッコよくて大正解!

そんな状況で少し前に演ったのがこの曲、"The Ballad of John and Yoko"



歌詞の内容はジョンとヨーコの新婚旅行の様子を歌ったものなのですが、サビで繰り返し"Christ!"(クライスト!チキショウみたいな感じ)、"crucify"(はりつけにする)といった言葉が出てくるので”キリスト教批判だ”と物議を醸した曲ですね。

一方メロディの方はシンプルでギターのコードも初心者向けとも言えるほど簡単。

歌詞とコードはこちら。(楽器.me)
http://gakufu.gakki.me/m/data/OCD0023.html

正直なところこういったご陽気な曲はあまり好みでなく歌詞も5番まであって山盛りなので選曲をためらったのですが、これならセッションを断られることはないだろうと歌詞を頭に叩き込んでいざ出陣。

でやってみると結構楽しい。”ああセッション会ではやはりこういったシンプルな曲がよいのかな。前期にも手を出してみるか”など思ってみたり。

そんなことでこの曲もレパートリーとなったのですが、後日BGMでこの曲が流れた時にふと違和感が。”あれ、何か自分の歌っているメロディと違う”。。。

それはサビ4行あるうちの3行目、
 The way things are going
"going"のところ。上記リンク先にあるようギターコードはEから始まってここでBに変わるのですが、このBというコードはシ・レ#・ファ#の3つの音から成るメジャーコードなので”ゴーイン”と伸ばすところは普通なら”レ#”になるはずなんですね。

ところがなんとここの音、ただの”レ”になってるんです。これだとコード的にはBmとなってしまうので本来メジャーコードに入ってくることのあり得ない音、これはちょっとギターをかじった方なら誰でもわかる話。

であらためてこの曲を聴いてみると、ご陽気だけのメロディだと思っていたものがここでふと不安を感じさせるのです。”一抹の不安”というか”不吉な予兆”というか。。。

さて皆さんはどうお感じでしょうか。考え過ぎ?信じるか信じないかはアナタ次第です。

ということでまだまだビートルズは奥が深いぞと思い知ったのでした。

友だち追加数

今年のはじめにビートルズのコピーバンドを始めたと書きましたが(”ビートルズ後期バンド・ジョン担当者募集”・・・あっ、呼ばれてる。)、いよいよ満を持してライブを行うこととなりました。

11/23(水、祝) All Together Now!! <ビートルズイベント> Vol.144
場所:下北沢ブレス http://breath335.com/
住所:世田谷区北沢2-14-7-3F TEL:03-6450-8435

開場:11:40 開演:12:00
¥2,000 (1Drink付き)

出演:歌屋は2番目のバンドです。
1. Caz R&R Garden 12:00-12:35
2. THE FEEL'Z   12:45-13:20
3. トラブルメーカー  13:30-14:05
4. BeatGoesOn   14:15-14:50
5. The AppleBoys  15:00-15:35

初ライブで場所も初めてのところなのでまずは様子見といったところ。

歌屋の本業はボーカルコーチだと心得ておりますが、ライブ活動も手に余らない範囲で続けていきたいと思っています。

普段偉そうに英語の発音など語っている奴がどの程度のものなのか、ご興味ある方は遊びにいらしてくださいませ。そして”オイオイ”とか”なんでやねん”などと突っ込んでいただけましたら幸甚です。

友だち追加数

前回の続き。英語の歌を少しでも英語っぽい発音で歌いたい、そのためのポイントを上げていきます。

1.字面に捕らわれない
カラオケでも何でも歌詞を見ながら歌うことが普通かと思いますが、日本人が英語の字面を見て忠実に歌おうとするとまずリズムを乱してしまいます。

1つ簡単な例を。



映画”アルマゲドン”有名なこの曲、1:32 ”And I Don't Want to Miss a Thing”という歌詞を日本語読みすると、
 アンド アイ ドント ウォント トゥー ミス ア シング
となりますが、これだとこのフレーズの中に納まりません。

では実際どう歌っているか。あくまでもカタカナなのでイメージですが、
 エナ ドン ウォル ミサ シン
のように聞こえます。これだとリズム、メロディを乱すことなく美しく決まりますね。

要は”聞こえてくる通りに歌う”という英語の再現力が大切なのです。これに関して最近のものまね芸人さんで渡辺直美友近などはかなり再現力が高いと感じます。

また意外なところでタレントの石橋杏奈はNHKのコント番組で洋楽のラップを高速再生で歌うという技を見せ、周りのメンバーを驚かせていました。ちなみに英語の意味はまったくわからないとのこと。

英語の歌を歌って上手く歌えないといった場合、この”字面に捕らわれている”というケースが多いようです。その際はいったん歌詞を見るのをやめ、どう聞こえてくるかだけに集中してみてください。

それから歌詞を見て聞こえてくる通りに口ずさんでみると結構上手く歌えるものです。カタカナでフリガナを振るものよいでしょう。まずはお試しあれ。

友だち追加数

↑このページのトップヘ