歌屋ボーカル研究所

   歌屋ボーカルスクール(JASRAC 契約店) オフィシャルウェブサイト

また新しい年が始まり、早くも1週間が過ぎました。今日からお仕事始まりの方も多いのではないでしょうか。

さて今年は平成最後の年ですね。私の祖父は明治生まれで大正、昭和と3つの時代を生きてきたのですが、自分も昭和、平成、そして次の時代と3つの時代を生きるのだなあと思うと感慨深いものがあります。


世の中は常に変化していきます。私の子供時代にはパソコン、デジカメ、そしてもちろんケータイ・スマホといったものはありませんでした。

ただテレビやクーラー、洗濯機といった電化製品一般、映画や遊園地といった娯楽施設、自動車や飛行機・新幹線のような乗り物など、もちろん今のものとクオリティに大きな差はあれどその辺りの便利で豊かな生活を送るためのモノは既に存在していました。

そしてパソコンは既にあった大型コンピューターの小型化、デジカメはフィルムカメラのデジタル化、スマホは家庭電話の進化したもの、と考えるとその元となるものは既に50年前にあった訳で、意外にまったく0から突然現れたものは思いつかず、”あれ、昔と大して変わってないじゃん”と思ったりもします。

となると電気もガスも水道もない農村の暮らしをしていた明治の人がその後経験した変化というのは凄まじかったのではないかと想像します。井戸で水を汲んでいたのが蛇口をひねれば水が出るようになり、かまどで火を起こしていたのがその必要がなくなり、スイッチ一つで灯りがともるようになり。。。

さらにはラジオ・テレビ、電話、映画、鉄道に自動車といったこれまでまったく存在しなかったものが次々と現れてきたのですから、この変わりよう激しさは今の我々の比ではないなと。


とりとめのないことを長々書いてしまいましたが、新年の雑感ということでお許しください。私自身は3つの時代をまたがってギター抱えて歌っていくつもりでおります。引き続きご愛顧賜れれば幸いでございます。

そして去年に引き続き、自宅近くの神社と仕事場近くの神社での初詣にて引いたおみくじは共に大吉!!これ神様に誓って1回ずつしか引いておりませんので、はい(笑)。
IMG_20190102_131429

IMG_20190104_123030




いよいよ平成最後の年も押し詰まってまいりました。忘年会でカラオケにいく機会も多くなってきたところにこんな気になる記事が。

若者がドン引きする「おじさんのカラオケ」ランキング 「U.S.A」は4位、1位は…?

これは某雑誌の記事で、20代の男女100人に「忘年会でおじさんが歌うとドン引きするカラオケ曲」のアンケートを実施した結果が以下とのこと。

5位 米津玄師「LOSER」16%
4位 DA PUMP「U.S.A.」18%
3位 菅田将暉「さよならエレジー」19%
2位 米津玄師「Lemon」21%
1位 三代目 J Soul Brothers「R.Y.U.S.E.I.」23%

こういうのを”余計なお世話”って言うんですよ。しかもちょっと前にここで”アラカンが歌うmiwa米津玄師とか超カッコよくないですか?”と書いた身としては、米津玄師が2曲も入っているのは責任すら感じてしまう(笑)。

しかもこの雑誌、ちょっと前にはこんな記事を載せている。

カラオケで歌うと“おっさん認定”されるランキング。サザン、小沢健二…は何位?

こちらは全国の20代女性100人に、『カラオケで歌われたら“おっさん認定”するアーティストは?』というアンケートを実施した結果だそう。

率9位…浜田省吾(30人)
同率9位…小田和正(30人)
8位…鈴木雅之(32人)
7位…小沢健二(34人)
6位…米米CLUB(35人)
5位…『チェッカーズ』(36人)
4位…郷ひろみ(38人)
3位…田原俊彦(48人)
2位…松山千春(53人)
1位…井上陽水(54人)

おいおい、最近の歌を歌えばドン引きされ、昔の歌を歌えばおっさん認定される・・・じゃあ何を歌えばいいの?

結論:好きな歌を歌いましょう

歌ってストレス溜めては意味がない。どうせならストレスを発散するために歌いましょう。

そういえば米津玄師の紅白出場が決まったそうですね。俄然大晦日が楽しみになってきました(^^♪。

それでは皆さん、よい年末・年始を。

追記:垂範率先、米津玄師の”Lemon”をライブで弾き語ってみました。

いよいよ平成最後の年末、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さてこれからカラオケで歌う機会も増える忘年会・新年会シーズン、”何を歌ったらよいかわからない”という方はこんなデータを参考になさってみてはいかがでしょう?

DAM平成カラオケランキング

正確には、”通信カラオケDAMがサービスを開始した1994年(平成6年)4月から2018年(平成30年)10月までのデータを集計”したものだそうです。

ランキングの種類は以下の通り。
<楽曲別ランキング TOP50>
<歌手別ランキング TOP10>
<年別ランキング1位楽曲リスト(1994年~2018年)>
<月間1位獲得数ランキング TOP10>

特に<年別ランキング1位楽曲リスト(1994年~2018年)>には時代が感じられます。見るとカラオケ行きたくなるかも(笑)。

年末・年始シーズンに備えて、今のうちにしっかり練習しておきましょう(^^♪

↑このページのトップヘ