歌屋ボーカル研究所

   歌屋ボーカルスクール(JASRAC 契約店) オフィシャルウェブサイト

首都圏の緊急事態宣言が2週間延長となるようですね。3/7に緊急事態宣言が明ける前提でその後2本のライブを予定していましたがこれもお流れになる模様です。残念。

さて最近”働かないオジサン”というフレーズをよく目にします。これは主に高給をもらっている高年齢のサラリーマンを非難する言葉で十数年前にサラリーマンを辞めてしまった自分には関係ないっちゃないんですが、それでも同年代の仲間が責められていると思うと少々弁明したくもなります。

その昔バブルのころにも”働かないオジサン”や”マウントオジサン”はたくさんいました(もちろんそんな言葉はまだありませんでしたが)。というかそもそもリーマンオジサンとはろくに働かずに高給もらって若い者には威張り散らし(今でいうパワハラですね)女の子にはちょっかい出す(同セクハラ)と定義される生き物で、当時の若者達もそんなオジサン達を決して快く思っていた訳ではありません。

ただ今のオジサンと一つ違うのは当時のオジサンは金と権力をしこたま持っていたのですね。よくテレビでバブルのころの豪遊を語る芸能人が出てますが、彼ら自身がお金を持っていたというより当時のオジサン達が金をばら撒きそれで遊ばせてもらっていたのがほとんどでしょう。実際私の勤めていた会社でもヨットや別荘を持っていてそれを福利厚生の一環で社員に使わせたりしていました。

となると若者は考えます。”オッサンは大っ嫌いだがカネ出してくれるならガマンして背面服従(正しくは面従腹背)、いずれ自分もあの立場になれば好き放題できるし。でも決して若者に嫌われるあんなオッサンにはならないぞ。”と。

まだリストラなんて嫌な言葉もなかった時代ですね。その後は皆さんご存知の通り、時は流れ全てはガラガラと音を立てて崩れ去りたどり着いたのはコロナの世界、残されたのはただ嫌われるだけの哀れな”働かないオジサン”達。そこへ追い打ちをかけるように”年金はあまり出せませんので70歳まで働いてください”とはあゝ無常、そんな殺生な(笑)。

どうでしょうか。少しオジサン達がかわいそうに思えてきませんか?たぶん”いや若者の方がもっと酷い状況だ”とか”いや女性の方が”といった意見もあるかと思いますが、不思議なのはオジサンが不幸になった分誰かが幸せになったかというと誰も幸せになっていないこと。さて幸せはどこに行ってしまったのでしょうか。

コロナの状況は相変わらずでもう一年になるのですから、そろそろ我慢の限界だという方もいらっしゃるのではないでしょうか。何かコロナに慣れてしまった感じもあって、これから暖かくなってくる季節はどうしても外出したくなりますよね。

コロナ罹患については”ただの風邪と同じ”とか”インフルの方が多くの方が亡くなっている”といった意見もある一方、コロナは回復後も怖い後遺症が残るという話も出ていて、いずれにせよここまで我慢したのだからできれば罹らずにいたいのが本音です。

罹りたくないと言えば風邪も一緒、特に今は発熱や咳も軽く見てもらえませんので今日は私の風邪予防策をお知らせしたいと思います。もちろん医学的根拠は一切ございませんのでご了承を。

以前”風邪予防にはパーカーを着るとよい”という記事を上げましたが、もう一つ私が長年やっている風邪防止策は”目鼻の周りに水をかける”です。

自分が風邪をひく際どうも目や鼻が乾燥しショボショボ、ムズムズすることから始まっているように感じ、であれば目鼻を乾燥させなければよいのではないかと考えてトイレに行った際手をせっけんで洗った後水をすくって目や鼻の周りにパシャパシャとかけペーパータオル等で拭うようにしています。

ポイントは手で顔を洗うのではなく”手は顔に触れず水だけをかける”こと。手で顔に触れてしまうと顔の皮脂汚れ等が付いてもう一度手をせっけんで洗わなくてはならないのでこうしています。当然風邪予防だけでなくリフレッシュや眠気解消にもなりますのでよろしければお試しください。

ただこの方法、メイクをされている女性にはちょっと難しいかと思いますがいかがでしょうか?


遅くなってしまいましたが、2021年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

おそらく1年前には誰も想像し得なかった2020年の生活、そしてまた新年早々に緊急事態宣言の発令となりました。酒類を提供する飲食店の閉店時間も22時から20時とされましたが、これはある意味夜の大人の世界の消滅とも言える事態でしょう。当方的にはそこから生まれる歌、そこで歌われてきた歌の消滅でもあります。

とは言えこうなってしまった以上もうジタバタしても仕様がないのでここはじっと我慢の子でいようと思います。ただこれがいつまで続くのかがわからないというのが一番つらいのですが。

一方何の根拠もなく希望的観測で、今年の夏にはこの事態はすっかり収束していて”ああ、この1年半は辛かったなぁ”と言っている皆の笑顔がある、というイメージを持っています。そのイメージを持つことでもう少しの間辛抱しようと。

とにかく一番大切なのは命を守ること。人はあらゆる過酷な状況を乗り越えて今日まで生き残ってきています。この辛い状況もきっと乗り越えることができるはずですし、その先には素晴らしい未来が待っていると信じています。どうか皆さんご無事で。

↑このページのトップヘ