歌屋ボーカル研究所

   歌屋ボーカルスクール(JASRAC 契約店) オフィシャルウェブサイト

英語の発音に関して面白い記事があったのでご紹介します。

「英語は口のどの部分から発音しているの?」ネイティブスピーカーも感心していた図

ここで着目したいのが以下2点。

1.k,gの音を舌の最後部で作っている
日本語で例えば”学校”と発声する場合、”が”の音は喉を一度詰めてそれを破裂させることで作っていますよね。つまり日本語の”か”や”が”は喉で音を作っているのです。

それに対してこの図を見ると英語のk,gは舌の最後部、つまり日本語より前で作られているのがわかります。

これに関しては思い当たる節があって、Beatlesの"Come Together"には”got"という単語が何度も出てきてJohn Lennonは”ガッ”に近い発音で強く歯切れよく歌っているのですが、これを日本語発音で”ゴッ”と歌うと弱々しくてどうにもさまにならないのです。

今年発売された、Beatles『Abbey Road』50周年記念エディションより"Come Together"。


でいろいろ調べて発声する場所が違うということがわかり、当ブログで以下にまとめております。
悩ましい英語の発音問題・・・でも大丈夫!その3

この曲に限らず英語の鋭いg,kの発音を出したい場合は試してみるのをオススメします。日本語に似た音なのだけど出し方が異なるということで最初は戸惑われるかもしれません。


2.rの音をlと同じ場所で作っている
日本人が苦手とする代表的な発音のlとr。皆さん中学で”lは舌先を上あごと前歯の境目に軽くつけて、rは舌を丸めて上あごに付けずに”みたいに習ったのではないでしょうか。

ただそれだとrはlより後ろで発音する感じになりますよね。実際私も歌にrが出てくると舌を後ろに引いて喉の奥でこもった音を出すようにしていたのですが、今回これを見て目から鱗でした。

しかもrの次に来ているのがシュやジュの音ですから本当に舌先で出しているイメージで、これを習得するのには少々時間がかかりそうです。

一点気付いたのは、日本人がrを発音しようとすると”舌を丸めて”という動作・意識が入ることでlに比べ一瞬タイムラグが発生するように感じるのですが、もしlとrが同じ場所で発声できるならこれが解消されるかもしれません。

もし今度ネイティブに会うことがあったら是非確認してみたいと思います。


ということで今回は英語の発音の話でしたが、あくまでも当方の基本姿勢は”英語の歌は発音にこだわらず歌おう”です(笑)。

夏が好きなもんでヒャッハー!と遊びまわっているうちに季節はもうすっかり秋。。。今になって夏に録り貯めたビデオをちょこちょこ観てたらまた関ジャムの興味深い回が。

関ジャム完全燃SHOW

ゲストはボーカリスト佐藤竹善、コーラスの今井マサキ、藤田真由美。各位がそれぞれ感銘を受けた歌手と歌を紹介していくというもの。

とりあえず以下忘備録として載せときます。

1.衝撃を受けた冒頭の深く響く低音
平原綾香”Jupiter”
ポイント:サックス奏者ゆえの低音域

2.地声とファルセット(裏声)の切り替えがまさにパーフェクト
エド・シーラン”PERFECT”
ポイント:サビの”Baby~”のところ

3.英語にしか聞こえない魅惑の日本語歌詞
平井大”Life is Beautiful”

4.心に染み込む囁きのファルセット
Toshi”赤いスイートピー”
ポイント:ハイトーンボイスの印象が強いToshiが歌うAメロのファルセットに注目

5.魂を揺さぶる地声のロングハイトーン
スターダストレビュー(根本要)”木蓮の涙”
ポイント:裏声を一切使わない高音のロングトーン

6.地声とファルセットを同時に操る音域の広いMIXボイス
宇多田ヒカル”花束を君に”
ポイント:地声とファルセットが自在に行き交う歌唱

7.音と音の間の”音のない場所”を歌う
さかいゆう”桜の闇のシナトラ”
ポイント:最後のフレーズ”上の空の人生”における跳ねるような歌い方が生み出すグルーブ感

8.同じ音をあえて地声とファルセットで使い分け
back number”Happy Birthday”
ポイント:”ああそうか、そうだよね”の”ああ”と2回目の”そう”は同じ高さだがあえて切り替えて歌う

9.シンプルなメロディに潜む多彩な歌唱技術
Sing Like Talking(佐藤竹善)”Spirit Of Love”
ポイント:スティービーワンダー等の影響を受けた”歌声のリズム感”

気になったものがあったら要チェック!!


ただもう”暑い”という言葉しか出てこない・・・ついに8月に突入、周りではセミが鳴きまくっております。

さて今回のなにやら怪しげなタイトル、暑いので引っ張らずに答えを言うと・・・

”顔(もしくは頭)”です。

”そんなアホな”と思われますでしょうか?それとも”そう言えば”と心当たりのある方もいらっしゃいますでしょうか?

これは今まで多くの人の歌を観察してきた私の個人的見解です。どういうことかと言えば、顔の大きい人は声に響きとボリュームがあっていわゆる”いい声”をしている人が多いのです。

つまり、いい声をしている->自信をもって歌えるー>歌が上手い、となります。

ではなぜ顔が大きいといい声をしているのか?”頭蓋骨が大きい分声が響くから”という説も成り立ちそうですが、実際には肉で覆われているわけでどうも納得できません。

歌う際に音が響くのは主に鼻腔と咽頭周りの空間で、ボイトレではそれぞれ”鼻腔共鳴””咽頭共鳴”と呼ばれています。

顔が大きい人はこの空間が広いのでその分響きがあるのではないか、というのが一つの仮説です。

さてあらためて自分の周りの人や歌手等で歌が上手い人を思い出してみてください。その人は顔・頭が大きくありませんか?

ジョン・レノン、ブルーススプリングスティーン、ビリージョエル、エルトンジョン・・・ね(笑)。

”おいおいポールマッカートニーはどうなんだ”って話ですよね。結局この説、”身体の大きい人は相撲が強い”と同じ程度の話で、身体の小さいアスリートでも活躍されている多くの方がいるように、顔が小さくても歌が上手い人はいくらでもいる、ってことです。

ですので顔の小さい皆さんも頑張って歌いましょう。”そういうお前はどうなんだ”って?私は情けないくらいの小顔です(^^♪



↑このページのトップヘ