歌が上手くなるブログ@横浜

   --- Let's Sing & Carry On ---          歌屋ボーカルスクール(JASRAC 契約店) オフィシャルウェブサイト

●初めてのボーカルレッスン応援キャンペーン実施中!

1. 入会金: ¥0
2. 月謝: 初月2レッスン分 30%off
 個人レッスン: 通常¥10,000が¥7,000
 ペアレッスン: 通常¥12,000が¥8,400
3. 貸しスタジオ: 月1回無料

まずは無料体験から。詳細は上記メニュー”無料体験”をクリック!


●ピアノレンタルルーム30分無料使用キャンペーン

詳しく上記メニュー”ピアノルーム”をクリック!

寒い日が続いておりますが皆様体調を崩されてませんでしょうか?やはりこの時期気になるのが風邪とインフルエンザ。なんだか物凄い勢いで流行っているみたいですね。歌を歌う人にとってこれはなんとしても避けたいところ。

一般的に風邪の予防に関係するものとして、栄養・睡眠・気力&体力・うがい&手洗い・マスク・ストレスと人混みを避ける etc... といったものが挙げられますが、ちゃんとやろうとすると意外と面倒。

そんな中、”簡単で風邪の予防に効くツボ”というのを見つけました。

貼る場所でこんなに違う!あなたに合った「あたためカイロ術 」 風邪予防・冷え対策・おなか温めもおまかせ!

背中の上部、肩甲骨の間辺りにある”風門”というツボにカイロを貼るというこの方法。今使い捨てカイロで貼るタイプのものが出ていますので、これなら割と簡単にできそうです。

”それでも常にカイロを用意しなければならないのが面倒”というアナタ、カイロを使わずにこの風門を温める画期的なファッションがあります。それは”パーカー”!



実は私は冬の間ずっとパーカーを愛用しています。そのお陰かどうかは定かでありませんが、これまでインフルに罹ったことはなく、また風邪もほとんどひかないで済んでいます。

さらにパーカーには風邪予防に効くもう一つの利点が。それは”脱ぎ着が簡単にできる”こと。

セーターやトレーナーでは”つい汗をかいたままにしていて身体を冷やしてしまい風邪をひく”といったケースがありますが、ジップアップタイプのパーカーであれば脱ぎ着が簡単なのでこまめな温度調整が可能なのです。

パーカーのフードは伊達じゃない!風邪をひきやすい方検討されてみては!?

明けましておめでとうございます。穏やかなよいお正月でしたが、皆様どうお過ごしになられましたでしょうか。

さて掲題の通り歌屋ボーカルスクールはこの春で創業10周年を迎えることとなりました。これもひとえに皆様のお力添えの賜物と深く感謝いたしております。これからも初心忘れることなく、皆様の歌の上達のお手伝いをさせていただく所存です。引き続きよろしくお願いいたします。

また自らの音楽活動についても、昨年夏から首都圏各所のライブ・セッション会に参加するようになり大きく広がりました。直近では以下ライブに参加いたします。

1/12(金)放課後弾き語り倶楽部
場所:鶴見ラバーソウル
時間:19:00 Open
料金:参加者¥2,000、見学者¥1,100(共に税込、1ドリンク付き)
ジャンル問わずどなたでも参加できるアコースティック弾き語りのオープンマイクです。上原がお世話係を務めます。

1/14(日) ビートルズコピーバンドライブ
場所:下北沢ブレス
時間:11:50-
料金:¥2,000(税込、1ドリンク付き)
4バンド出演のうちのトップです。バンド名:”Granny Smith”

ライブ情報・レポートについては全てFacebookに上げておりますので、興味ある方はご覧いただけましたら幸いです。

では今年もこのまま突っ走って参りますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします。

歌屋ボーカルスクール 代表・ボーカルコーチ
ウタヤ 上原

-----
昨年大吉のおみくじの写真を載せましたが、今年もまたまた大吉!それも家族で行った近所の神社と毎年仕事始めに行く鶴見神社のどちらもが大吉!!期待に応えて頑張ります。
IMG_20180103_120420

IMG_20180105_114130

今年も残すところあと2日となりました。皆さん新しい年を迎えるための準備はもうお済みですか?

さて今回はたまたま読んだWEB上の記事に”腹式呼吸”のことが書いてあったので、こちらをご紹介するとともに改めて”腹式呼吸”について考えてみたいと思います。

日経ビジネスオンライン
学べば身につく「言葉」のプロのスキル
発症半年以降も、リハビリはやった分だけ結果がでる


※記事を最後まで読むには無料登録が必要となりますが、”腹式呼吸”の部分は登録せずに読むことが可能です。

この記事は経済ジャーナリストの財部 誠一氏が脳梗塞を発症、右半身麻痺となってから復帰後までを”脳梗塞からの帰還”と題して連載した中の一つです。ここで”腹式呼吸”について筆者は以下のように書いています。

-----
初台リハビリテーション病院の入院後半にはリハビリの中で腹式呼吸をやったけれど、簡単に身につくようなシロモノではない。実は脳梗塞になる以前からボイストレーニングの一環として腹式呼吸の練習はしていたが、ものにならなかった。頭で理解したつもりになる事は出来ても、身体に覚えこませるのは至難の業だ。
-----

腹式呼吸そのものはそれほど難しくはないのですが、これを自然に話す際・歌う際にできるようになるのは確かに練習が必要でしょう。

私が考える歌における腹式呼吸の習得のレベルは以下の様なものです。
1.腹式呼吸そのものがしっかりとできる
2.意識して腹式呼吸で歌える
3.意識しなくても腹式呼吸で歌える

そして3.のレベルに至っても時々ちゃんと腹式呼吸で歌えているかをチェックすることは大事で、特にスランプに陥った場合など効果があります。

腹式呼吸のやり方、また歌の中における腹式呼吸については既にこのブログで触れていますので、興味のある方は検索してみてください。

ではそもそもなぜ歌うときには腹式呼吸でなければならないのか。これは皆さん一人一人是非体験してみていただきたいと思います。たまに”腹式呼吸なんて必要ない”と言われる方もいらっしゃるようですが、少なくとも私はこれまで歌における腹式呼吸の必要性についてブレたことはありません。

それでは皆さんよいお年をお迎えください。

友だち追加数

↑このページのトップヘ