50歳からのボーカル・レッスン♪♪

   歌屋ボーカルスクール(JASRAC 契約店) オフィシャルウェブサイト

少々刺激的なこのタイトル、ソースはこちら。

東洋経済オンライン
老けこむ人は「声の出し方」が間違っている
1万人以上の声を聞いてきたプロが教える


確かに声は加齢と共に変化していくもので、電話の声で相手のおおよその年齢がわかってしまうことからも明らか。

そして喉に負担をかけない正しい発声を行うことが声のアンチエイジングになる、というのがこの著者の考え。

でその正しい発声と効果というのは以下の通り。
・口角挙筋を使い口角を上げ笑顔で発声する
・これにより自然と鼻腔共鳴となり喉を痛めることなく響きある声が手に入る
・大人の声変わりとも無縁になり、さらには美顔効果もある

結局のところこの著者の新刊本のプロモーション記事だったのですが、確かに楽しく歌って美顔にもなるのであれば特に女性には魅力的ですよね。

ただこの記事には”歌”という言葉が一度も出てきておらず、当方の”歌が上手くなる”ための発声”という見地からすると意を異にするところも。

例えば以下の点。

・”口角を上げ表情豊かに発声する”のをよしとしているが、高い歌唱力で定評があった藤圭子宇多田ヒカルの母)のまるで能面と比喩される無表情での歌唱は?

圭子の夢は夜ひらく YouTube

・鼻腔共鳴のみを正しい発声としているが、それ以外例えば福山雅治の響きのある低音やX JAPAN Toshiの突き抜ける高音は正しくない?

・”口を大きく開ける発声法はNG”としているけれど、これも一概にどちらがよいと言えるものではない。

例えば以下の大ヒットソング”粉雪”を歌うレミオロメン 藤巻亮太

レミオロメン 粉雪 YouTube

サビの”こなーゆきー”の”なー”のところでこれでもかというくらいに大きく開口している。これと比較する例として小田和正がカバーした”粉雪”の動画があったのだがこれは残念ながら削除された模様。

小田さんの歌唱はいつもあまり大きく口を開けることをせず、またこの”粉雪”のサビは”こなあーゆきー”の”なあー”をしゃくりながら軽々と発声している。もちろんkeyは原曲のまま。

どちらも素晴らしく、あとは好みの問題。


といろいろ書きましたが、この”美顔ボイストレーナー”の著者の言わんとすることにいささかのケチをつけるつもりはなく、ただ歌を歌う方が”口は空けない方がよいのかな”などと誤解されることのないよう”ボーカルトレーナー”の立場から本記事を書かせていただいた次第であります。

また新しい年が始まり、早くも1週間が過ぎました。今日からお仕事始まりの方も多いのではないでしょうか。

さて今年は平成最後の年ですね。私の祖父は明治生まれで大正、昭和と3つの時代を生きてきたのですが、自分も昭和、平成、そして次の時代と3つの時代を生きるのだなあと思うと感慨深いものがあります。


世の中は常に変化していきます。私の子供時代にはパソコン、デジカメ、そしてもちろんケータイ・スマホといったものはありませんでした。

ただテレビやクーラー、洗濯機といった電化製品一般、映画や遊園地といった娯楽施設、自動車や飛行機・新幹線のような乗り物など、もちろん今のものとクオリティに大きな差はあれどその辺りの便利で豊かな生活を送るためのモノは既に存在していました。

そしてパソコンは既にあった大型コンピューターの小型化、デジカメはフィルムカメラのデジタル化、スマホは家庭電話の進化したもの、と考えるとその元となるものは既に50年前にあった訳で、意外にまったく0から突然現れたものは思いつかず、”あれ、昔と大して変わってないじゃん”と思ったりもします。

となると電気もガスも水道もない農村の暮らしをしていた明治の人がその後経験した変化というのは凄まじかったのではないかと想像します。井戸で水を汲んでいたのが蛇口をひねれば水が出るようになり、かまどで火を起こしていたのがその必要がなくなり、スイッチ一つで灯りがともるようになり。。。

さらにはラジオ・テレビ、電話、映画、鉄道に自動車といったこれまでまったく存在しなかったものが次々と現れてきたのですから、この変わりよう激しさは今の我々の比ではないなと。


とりとめのないことを長々書いてしまいましたが、新年の雑感ということでお許しください。私自身は3つの時代をまたがってギター抱えて歌っていくつもりでおります。引き続きご愛顧賜れれば幸いでございます。

そして去年に引き続き、自宅近くの神社と仕事場近くの神社での初詣にて引いたおみくじは共に大吉!!これ神様に誓って1回ずつしか引いておりませんので、はい(笑)。
IMG_20190102_131429

IMG_20190104_123030




いよいよ平成最後の年も押し詰まってまいりました。忘年会でカラオケにいく機会も多くなってきたところにこんな気になる記事が。

若者がドン引きする「おじさんのカラオケ」ランキング 「U.S.A」は4位、1位は…?

これは某雑誌の記事で、20代の男女100人に「忘年会でおじさんが歌うとドン引きするカラオケ曲」のアンケートを実施した結果が以下とのこと。

5位 米津玄師「LOSER」16%
4位 DA PUMP「U.S.A.」18%
3位 菅田将暉「さよならエレジー」19%
2位 米津玄師「Lemon」21%
1位 三代目 J Soul Brothers「R.Y.U.S.E.I.」23%

こういうのを”余計なお世話”って言うんですよ。しかもちょっと前にここで”アラカンが歌うmiwa米津玄師とか超カッコよくないですか?”と書いた身としては、米津玄師が2曲も入っているのは責任すら感じてしまう(笑)。

しかもこの雑誌、ちょっと前にはこんな記事を載せている。

カラオケで歌うと“おっさん認定”されるランキング。サザン、小沢健二…は何位?

こちらは全国の20代女性100人に、『カラオケで歌われたら“おっさん認定”するアーティストは?』というアンケートを実施した結果だそう。

率9位…浜田省吾(30人)
同率9位…小田和正(30人)
8位…鈴木雅之(32人)
7位…小沢健二(34人)
6位…米米CLUB(35人)
5位…『チェッカーズ』(36人)
4位…郷ひろみ(38人)
3位…田原俊彦(48人)
2位…松山千春(53人)
1位…井上陽水(54人)

おいおい、最近の歌を歌えばドン引きされ、昔の歌を歌えばおっさん認定される・・・じゃあ何を歌えばいいの?

結論:好きな歌を歌いましょう

歌ってストレス溜めては意味がない。どうせならストレスを発散するために歌いましょう。

そういえば米津玄師の紅白出場が決まったそうですね。俄然大晦日が楽しみになってきました(^^♪。

それでは皆さん、よい年末・年始を。

追記:垂範率先、米津玄師の”Lemon”をライブで弾き語ってみました。

↑このページのトップヘ