歌屋ボーカル研究所

   歌屋ボーカルスクール(JASRAC 契約店) オフィシャルウェブサイト

少し前に昭和の時代に流行った曲が令和の今の状況にマッチしているという記事を書きましたが、今日は逆に昭和には今の常識からしたら考えられない歌詞の曲があったお話を。

海援隊 ”母に捧げるバラード”(J-Lyric.net)

今なおテレビで活躍されている武田鉄矢が率いていたフォークグループ”海援隊”の大ヒット曲。武田鉄矢はこの曲で紅白に出演、その後『幸福の黄色いハンカチ』で俳優デビュー、『3年B組金八先生』でテレビドラマの主役を務めこちらも大ヒット、というのは皆さんご存知の通り。

さてこの『母に捧げるバラード』ですが、そのほとんどが武田鉄矢の語りで歌部分がほんの少しという大変珍しい曲で構成は以下のようなものです。

1.語り:母への想いを独白
2.歌:6小節ほどのごく短い歌
3.語り:母の鉄矢に対する叱咤のセリフ、この曲の大部分を占める
4.歌:上記2.のリフレイン

注目すべきは上記”3.語り:母の鉄矢に対する叱咤のセリフ”の部分。学生のテツヤに対する叱咤のセリフが延々続き、最後には以下のような強烈なフレーズが飛び出します。

-- 以下歌詞引用 --
死ぬ気で働いてみろ、テツヤ。働いて、働いて、働きぬいて、
遊びたいとか、休みたいとか、そんなことおまえ、
いっぺんでも思うてみろ。そん時ゃ、そん時ゃ、テツヤ、死ね!
それが、それが人間ぞ。それが男ぞ。
-- 引用終わり --

現代の”働き方改革”の考え方からしたら一発アウト、モラハラ認定間違いなし(笑)のフレーズですね。でも当時この曲がヒットした=皆このセリフに共感しここに母の愛を感じていた、すなわちこれが当時の常識であったのです。やがてそこに疑問を抱く人が増えるに連れその意識が変化し”働いたら休む”というのが現代の常識になった、と言えるでしょう。

つまるところ”常識は変化するものでありそれを盲信するのは危険”ということですね。その時の常識に従って正しいことをしているつもりが、後世に振り返ってみたらとんでもない暴挙だったなんてことも多くありそうです。マスク警察然り、自粛警察然り。。。

”常識を疑え”。なかなか難しいですが、やはり大切なことのようです。歌い方も然り、と最後ちょっと強引すぎ(笑)。

我が家はそろってお笑い番組好き、主だったバラエティー番組は録画して毎週欠かさず見ています。先日のキングオブコントも見応えがあってよかったですね。

ところで「バラエティーに出てるお笑い芸人ってただおかしな話をするだけでお金が貰えるいい仕事だなぁ」と思ったことありませんか?いえいえ、彼らは笑いを生むというゴールに向けサッカーにおけるチームプレイさながらに裏で物凄いパス回しをしているのです。

例えば先週の『さんまのお笑い向上委員会』ではこんなやり取りがありました。


ゆりやんレトリィバァがカメラにお尻を向けてオナラをするというベタなギャグ繰り出した際、MCの明石家さんま中川家礼二に近づいてひざまずき、「座長、こんなんでよろしいんでしょうか?」と問いかけます。

この時明石家さんまは、旅芸人の座長が舞台化粧をしながら座員を叱り飛ばすという礼二のギャグを振り、例えば「屁ばっかこいてねえで稽古しなっ!!」といった返しを期待していたはずです。

これに対して礼二は「まあ屁こいてもいいんじゃねえか」と返します。これはこれでウケたのですが、さんまとしては想定したゴールと異なったのでさらに「座長、ゆりあんに優し過ぎますよ」と再度礼二に振ってきます。

ここでアドレナリンが出まくっているゆりあんは「ゆりやまへこきのすけと申しまするー」と三つ指をつき挨拶するという一座の子役の演技をかぶせてきます。

これが大ウケし爆笑が生まれ終了かと思われたその時、誰かが「遊びたいようっ(て言え)」とゆりあんをけしかけます。すかさずゆりあんが「遊びたいよう」とぐずると礼二が「バカヤロウ!!遊んでる場合じゃねえだろう。屁こく練習しやがれ。バカヤロウ!!」と叱りさらに大爆笑、見事にゴールが決まり終了となりました。

ここで注目すべきは、「遊びたいようっ(て言え)」とけしかけた人物。声だけだったので誰かはっきりしないのですが(陣内智則か?)、このパスが最終着地点を生みそれもさんまの意向に沿うものに軌道修正したという点で素晴らしいアシストでした。もちろんそれを受けゴールしたゆりあん->礼二のプレイも実に見事です。


さてこのように、一見ふざけているだけのように見えるやり取りにも物凄い仕組みが隠されているのです。これは歌も同じで、ただ歌っているように見える歌い手も実に様々仕掛けを歌の中に仕込んでいて、それが一般の人の歌との差を生み出しています。

自分がカラオケで歌ってみてどうもしっくりこないといった場合、是非オリジナルの歌手が歌っているのを再度じっくりと聴いてみてください。きっとそこに隠されていた仕掛けが見つかるはずです。


さて8月も終わろうとしておりますがいかがお過ごしでしょうか。子供のころ夏休みが大好きだった自分にとってこの時期は1年でもっとも憂鬱な時でもありました。楽しかった夏休みが終わってしまう、そして宿題は山ほど残っている(笑)。

それにしても2020年はとんでもない年でした。まだ継続中ですので振り返るにはいささか早いのですが、歴史上の出来事であったペストやコレラ等伝染病の流行がまさか今再び自分の身に起きようとは夢にも思いませんでした。

そして現在のところワクチンや特効薬もなく、対策は文字通りただ息をひそめて耐えるだけというおよそ昔の人と同じことを繰り返しているようです。

そう考えると人というのはあまり進歩していないようにも感じられます。こんなにも科学・医療・情報化の進んだ社会においてもやはり同じことをしているという。

ふと大昔に流行った歌を思い出しました。

 ”昭和枯れすゝき” 1974年 作詞:山田孝雄、作曲:むつひろし(Wikipedia)

あるドラマの挿入歌でその後大ヒットした男女のデュエット曲です。当時10代だった私にはいかにも古臭く貧乏臭い印象でしたが、その歌い出しの歌詞が今の世相にピタリと合うのです。

以下歌詞引用
”(男)貧しさに負けた(女)いえ世間に負けた”

これって結局今の貧困・格差・いじめ・パワハラの問題そのものですよね。50年近く前に古臭いと感じた歌が今の時代に合っている?もしかして今”令和枯れすゝき”をリリースしたらヒットするかも・・・

とどうでもよい妄想でしたが、時にはふと気になった歌詞の曲を口ずさんでみたりすると気分も変わりまた新しい発見があるかもしれません。レパートリーが増えるかも(笑)。

暑さの方もまだ続くようですので、皆さまお身体ご自愛ください。

↑このページのトップヘ